格安スマホはドコモ回線がやっぱり強い!?月額料や通信速度徹底比較!

格安スマホ ドコモ回線

かつては、

  • docomo
  • ソフトバンク
  • au

いずれかの3社でスマホ(携帯)を契約していました。

キャリはこの3社が独占していたのです。

しかし、現在では、ドコモ回線を利用して格安スマホが持てるようになりました。

大手キャリアの中でも接続料が1番安いドコモ回線がダントツ人気で、格安SIMを提供する多くの会社がドコモ回線を使用しています。

 

そこで、この記事ではドコモ回線の格安SIM主要他社の料金プランや通信速度、サービス内容を徹底比較してみました。

格安スマホを探している方は、是非参考になさって下さい。

 

スポンサーリンク

ドコモ系・ソフトバンク系・au系格安SIM一覧・使用可能な端末

格安スマホ ドコモ回線

格安SIMは使う回線によって、ドコモ系、au系、ソフトバンク系の3つの種類に分かれます。

 

ドコモ系

ドコモ系の格安SIMはドコモの回線を借りています。

つまり、各キャリアによって通信速度に違いがありますが、ドコモ回線のSIMの場合、ドコモのスマホユーザーと同様にドコモのサービスエリアで使用が可能になります。

 

ここではドコモ系格安SIMの一覧とドコモ系の格安SIMで使える端末をご紹介します。

 

ドコモ系の格安SIMの一覧

  • 楽天モバイルのドコモ回線/スーパーホーダイ
  • マイネオのドコモプラン
  • DMMモバイル
  • BIGLOBEモバイルのタイプD
  • IIJmioのタイプD
  • LINEモバイルのドコモ回線
  • QTモバイルのDタイプ
  • OCNモバイルONE
  • LIBMO
  • LinksMate
  • エキサイトモバイル
  • ニフモ
  • イオンモバイルのドコモ回線
  • DTI SIM
  • U-mobileのS以外のプラン
  • トーンモバイル
  • Wonderlink
  • b-mobile sのドコモ回線
  • nuroモバイルのドコモ回線
  • 0SIM
  • インターリンクLTE SIM
  • Tikiモバイル
  • エックスモバイル
  • スマモバのギガプレミアム以外のプラン

 

楽天モバイルやLINEモバイルなどメジャーなものから、耳慣れない名前も登場していますね。

とにかく価格競争が激しく、今は電力自由化と同じようにユーザーがプランの選択肢が拡大しました。

そして、お得に便利に利用することで、大きな節約となりますよ。

 

ちなみに筆者は、2年前までdocomoでiPhoneを利用していました。

LINEの無料通話を利用し、通常回線での通話は殆どありませんでした。

一番抑えたプランでしたがdocomoでは毎月6,000円程の固定費がかかっていました。

それが楽天モバイルへ切り換えたところ、『機種保障』の500円のオプションを付けましたが、月々3,000円オーバーしたことが一度もありません

安い月は2,100円程度の請求になっています。

docomoから楽天モバイルへ乗り換え大成功ですね!

 

ドコモ系の格安SIMで使える端末

  • ドコモのiPhoneとAndroidスマホ
  • Apple Storeで購入したiPhone
  • SIMロックを解除したドコモ/au/ソフトバンクのiPhone
  • 格安スマホ

です。

 

上記でお伝えしたように、筆者はdocomoのiPhoneを利用していました。

機種変更はしないまま楽天モバイルと契約。

その後は、SIMカードを差替えしただけでなんら不便は一切ありませんでした。

 

ドコモ系格安SIMを使用する場合、事前にご自身がお使いの機種が対応しているのかどうかを必ずチェックするようにしましょう。

 

ソフトバンク系

 

ソフトバンク系の格安SIMの一覧

ソフトバンクのiPhoneに加えて多数の端末も対象にしている格安SIM
  • LINEモバイルのソフトバンク回線 (おすすめ)
  • ワイモバイル
  • mineoのソフトバンクプラン
  • nuroモバイルのソフトバンク回線
  • スマモバのギガプレミアム (SMSなしのデータSIMのみ)
ソフトバンクのiPhoneのみ対象にしている格安SIM
  • b mobile Sのソフトバンク回線
  • U-mobile S (SMSなしのデータSIMのみ)
  • QTモバイルのSタイプ

ソフトバンク系の格安SIMで使える端末

  • SIMロックを解除したソフトバンクのiPhoneとAndroidスマホ
  • Apple Storeで購入したiPhone
  • SIMロックを解除したドコモとauのiPhone
  • 格安スマホ

 

au系

 

au系の格安SIMの一覧

通信速度は違いますが、auが使えた場所なら同じように使うことができます。

auの回線の強みは、au系の格安SIMでもVoLTEが使えるので音声通話の音質がとても良いこと、それとau系の格安SIMのUQ mobileの通信速度がau並みに超速いことです。

auを使っていて格安SIMに乗り換えようと思っている場合にオススメです。

UQ mobileの通信速度はauと同じくらい超速く、BIGLOBEモバイルのタイプAの通信速度も結構速いので、通信速度を重視する場合にもオススメです。

  • UQ mobile (おすすめ)
  • BIGLOBEモバイルのタイプA (おすすめ)
  • マイネオのauプラン
  • IIJmioのタイプA
  • 楽天モバイルのau回線
  • イオンモバイルのau回線
  • QTモバイルのAタイプ

 

au系の格安SIMで使える端末

  • SIMロックを解除したauのiPhoneとAndroidスマホ
  • auのiPhone 8 / 8 Plus / X / XR / XS / XS Max (SIMロックの解除なしで使える)
  • SIMロックを解除したドコモとソフトバンクのiPhone
  • Apple Storeで購入したiPhone (iPhone 6以上)
  • auのVoLTEに対応した格安スマホ

 

auとソフトバンクのAndroidスマホは、それぞれのキャリアの対応バンドに最適化されています。

対応バンドの違いからドコモ系の格安SIMで使うと電波が少し悪くなる可能性があります。

都市部などは問題ないと思いますが、郊外や山間部での利用は少し厳しいとも言われています。

 

スポンサーリンク

docomo(ドコモ)系人気MVNOはここ!

格安スマホ ドコモ回線

docomo系MVNOというのは、docomoの電波帯を使用した回線を提供しているMVNOのことを指します。

格安SIMは基本的に大手キャリアの電波帯を利用しています。

その中でもdocomo系MVNOは、電波網が広い上に通信が早いので人気が高いです。

安定した通信が楽しめるため、格安SIMの多くがdocomoの電波帯を使っています。

そこで、そもそも『MVNO』とは?と言う方のために、ワードのご紹介です。

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略です。

日本語では「仮想移動体通信事業者」といいます。

「IIJmio」「楽天モバイル」「mineo」「U-mobile」「NifMo」「UQモバイル」といった会社やブランドがMVNOとなります。

現在、格安SIMを提供するMVNOは非常に多く約200社が参入しています。

更に、そのMVNOが様々なプランを用意していえるので、個人で自分にぴったりのプラン毎に魅力があり、選択が難しいです。

 

そこで、docomo回線の格安SIM・MVNOの中でも、特におすすめできる格安SIM・MVNOを紹介します。

この中のMVNOか格安SIMを選べば、docomoユーザーでも満足・安心して格安SIMを使ってもらえるでしょう。

これらのMVNOなら、SIMロック解除をしなくても、docomoで購入した端末で格安SIMを使えます!

 

月額料金の安さで選ぶならコレ!

  • DMM Mobile
  • DTI SIM

 

SNSやエンタメ系アプリの利用が多いならコレ!

  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル

 

格安スマホのラインナップで選ぶならコレ!

  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル

 

家族でシェアするならコレ!

  • OCN モバイル ONE
  • IIJmio

 

月々のデータ使用量がバラバラならコレ!

  • エキサイトモバイル

実は、現在使用しているdocomoの端末をSIMロック解除なしで使用することができるのです。

使われている電波帯が同じなので、端末はそのままで料金が安くなります。

docomoを使用していて端末を変えずに安くしたい方はdocomoからdocomo系MVNOへの乗り換えを強くおすすめします!

 

スポンサーリンク

ドコモ回線の格安SIM!料金・速度徹底比較

格安スマホ ドコモ回線

料金比較

 

データ通信専用プラン

データ通信専用プランは音声通話やSMSが利用できない代わりに、料金が安いのが特徴です。

3GB 5GB 20GB
OCN モバイル ONE 1,100 4,150
BIGLOBEモバイル タイプD 900 4,500
IIJmio タイプD 900 基本料+3,100
b-mobile 1,000 1,500
U-mobile 1,480
楽天モバイル 900 1,450 5,450
LINEモバイル 1,110 1,640
NifMo 900
mineo Dプラン 900 5,900

音声通話対応プラン

続いて音声通話に対応したプランです。

音声プランの場合、基本的にSMS利用料が含まれています(送受信料は別)。

3GB 5GB 20GB
OCN モバイル ONE 1,800 4,850
BIGLOBEモバイル タイプD 1,600 5,200
IIJmio タイプD 1,600 基本料+3,100
b-mobile 1,800 2,050
U-mobile 1,580
楽天モバイル 1,600 4,750
LINEモバイル 1,690
NifMo 1,600
mineo Dプラン 1,600 4,680

速度を比較

格安SIMを選ぶポイントとして回線速度は重要な項目です。

いくら安くても通信速度が遅いと使っていてストレスが溜まってしまうため、なるべく速度が速い回線を選びたいですよね。

朝の通勤ラッシュでの計測では、通信が混雑しやすい時間帯です。

ドコモ回線では下り速度はnuroモバイル、上り速度は楽天モバイルが1番速い結果となっているようですよ。

 

 

お昼のランチタイムの測定では、通信が最も混雑しやすい時間帯です。

ドコモ回線の格安SIMでは軒並み下りの通信速度が大幅に落ちており、下り1Mbpsを切る格安SIMがほとんど。

下り速度ではNifMo、上り速度ではb-mobileがドコモ回線の中では1番速かったです。

 

 

そして、仕事や学校が終わり帰宅ラッシュ時の測定結果も見てみると、朝やお昼よりは比較的空いていますが、徐々に混雑し始める時間帯です。

下り速度ではNifMo、上り速度はb-mobileがドコモ回線の中では最も速度が出ているとの事。

 

スポンサーリンク

『格安スマホ』docomo(ドコモ)回線系人気MVN!値段と速度徹底比較まとめ

格安スマホ ドコモ回線

この記事では、ドコモ回線の格安SIM主要他社の料金プランや通信速度、使用可能な端末をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

多くの格安SIMはNTTドコモから回線を借りることでモバイルサービスを提供しています。

そのため、ドコモで契約したスマホであればSIMロック解除なしで格安SIMに乗り換えできます。

 

料金比較でランクインしていたBIGLOBEモバイルや楽天モバイル、 IIJmioなどは格安なうえ、各社独自の強みを生かしたサービスが展開されています。

現在、スマホの料金節約を検討されている方は、是非、ご自身の使い方にあった格安SIMを見つけて下さいね。

 

確かに格安スマホは契約変更するまでは手間がかかって不安もあると思います。

しかし乗り換えに成功してしまえば、何もしなくても月々数千円以上の節約になるのですよ!

この記事が読者の節約にお役に立てると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。