通信費を安くする方法は?格安スマホは外せない?

通信費を安くする方法

あなたは現在どこのキャリアでスマホを使用していますか?

『通信費を安くする方法はないかな?』と検索したことはありませんか?

現在スマホをお使いの方は、NTTドコモ、au、ソフトバンクいずれかのキャリアと契約している方は多いでしょう。

そんなみなさんが少なからず感じていることは、

  • 私のスマホの料金、他の人と比べて高いような気がする。
  • 月々の携帯料金、どうにかならないの?家族全員だともう数万円が固定費になってしまっている。
  • 気になる格安スマホって怪しくないなら乗り換えたい。

ということではないでしょうか?

 

スマホはそのプランの殆どが固定費で構成されていて、使っても使わなくても同じ料金がかかってしまいます。

どこの家庭にも『固定費』として根付いてしまっているのです。

そしてその固定費は、毎月の家計には大きな割合となってのしかかっています。

 

そこで、この記事では、通信費を安くする方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『通信費を安くする方法』一軒家の場合

通信費を安くする方法

自宅のネット回線とスマホの基本料+データ通信量を合わせると、結構な金額になってしまうとお悩みの方は多いです。

今やネットは毎日使うものとして外せないのですが、どうにか月々の通信費はできるだけ節約したいですよね。

そこで、ネットの回線を安くする術をいくつかご紹介します。

 

フレッツ光から光コラボへの乗り換え

こちらは一番手っ取り早い方法です。

現在、フレッツ光を使っているなら、再工事不要で『光コラボ』へ乗り換え(転用)が可能です。

更に、今お使いの携帯キャリア(ドコモ、Softbank)がサービス提供している光コラボへ転用すると、キャッシュバック対象となり非常にお得です。

現在使用中のスマホが毎月割り引かれるセット割の特典も享受出来、月額費用は相当抑えられます。

 

格安SIMとセットの回線へ乗り換え

スマホのキャリアに特段こだわりが無いなら、格安SIMとセットで割引されるネット回線(こちらも光コラボです)に乗り換えましょう。

格安SIMは大手携帯会社の回線を借りてサービスをしている為、料金プランが非常に安いのが最大の魅力です。

  • スマホはWi-Fiに接続して使用したい。
  • 月額費用を安く済ませたい。

という人にとって、格安SIM+ネット回線のコラボは魅力的でしょう。

転出や転入の際、『自宅のネットはどちらで契約していますか?』と言うアンケートがありますが、これは自宅のネット費用を見直すチャンスでもあります。

格安SIMへ乗り換えた場合も必ず聞かれますので、相談してみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

『通信費』夫婦だと平均いくら?

通信費を安くする方法

スマホやインターネットにかかる通信費、毎月払っていると結構大きな費用ですよね。

今では子供携帯などもあり、随分と家計にしめる割合は大きなものへとなっていますし、もう外せないアイテムです。

総務省の調査によると、全世帯の通信費(スマホ・携帯電話利用料、インターネット通信費など)の平均値は1万7,771円だそうです。

年間にすると約21万円にもなります。

これだけ大きな出費なので、契約のキャリアやプランを見直すだけで大きな節約の余地があります。

 

これは一例ですがとっても参考になります。

【30代 共働き夫婦】

自宅のネット代は賃貸マンションなので家賃に込み。

夫のスマホをソフトバンクから楽天モバイルへ乗り換えで、月々12,000円から4,900円に!

妻のスマホをdovomoから楽天モバイルに乗り換えで、月々5,900ennから2,500円に!

結果、月々10,100円の節約に成功しています。

自宅内ではWi-Fiを設置し、スマホの使用ギガを節約しています。

【20代 専業主婦】

夫はソフトバンクからワイモバイルに乗り換えで4,300円

妻はマイネオで月々1,200円。

自宅のネット回線はGMOとくとくBBで月々3,800円

合計月々9,800円でおさまっています。

と言う例があります。

 

秘訣はこの2つ
費用を抑える秘訣は、『格安SIM』や『モバイルWi-Fiの活用』と言うことのようです。

キャリアにこだわりがある方はなかなか大幅な削減は不可能でしょうが、とにかく費用重視と言う方は、是非キャリアを見直しましょう。

スポンサーリンク

『通信費』4人家族の平均は?

通信費を安くする方法

最近では、年配の方もインターネットの利用か増えスマホ所有率が右肩上ががりの推移を辿っています。

筆者も最近セカンドとして所有していたガラケーの液晶に不具合が生じdocomoへ行ってきました、

すると『ガラケーは国内メーカーは製造をしておらず、買い替えするならスマホになります。』との事でした。

また、子供もスマホを持ち情報交換もLINEで行う時代になっていますので、スマホの月額使用料は家計とは切っても切り離せない分野になっています。

それでは、4人家族でそれぞれがスマホを所有している場合、どの程度の通信費が必要となっているのでしょうか。

 

大手キャリアのドコモやau、ソフトバンクには、ファミリープランや家族割など家族が同じキャリアのスマホを使うことで割引が受けられるサービスがあります。

ただ、いくら安いと言っても、1台約8,000円ほどかかります。

家族4人で利用した場合、毎月8,000円×4で24,000円。

年間にすると288,000円の通信費がスマホだけでかかっているのです。

ここに端末代などを入れるとその額は年間300,000円以上になることもあります。

 

そこで、格安スマホに乗り換えた場合、半額近く削減することが出来るのです。

上記でご紹介したように288,000円を支払っていた一家が揃って格安スマホに乗り換えた場合、その節約額は144,00円にも上ります。

いかがですか?

格安スマホへの抵抗がなければ、是非乗り換えをしてみてはいかがっでしょうか?

背に腹は代えられません。

 

スポンサーリンク

『通信費』見直したい方は是非相談を!

通信費を安くする方法

固定費見直し、とくに通信費の節約は家計改善のカギですよね。

格安スマホへの乗り換えで月々の通信費が半額になる!

なんて豪語してきましたが、なかなか実店舗がなく年配の方や郊外に住んでいるとなかなか店舗へ行って相談と言う機会に恵まれていません。

そのような時、実はよい相談場所となるのが『コジマ』です。

そう、日本全国にある、あの家電量販店『コジマ』です。

既存のキャリアから格安SIMまで、携帯電話や各種プランを知り尽くしたプロ「通信費みなおし隊」が相談に乗ってくれるというのです。

これは、使いこなさないと損ですよ!

 

実際店舗は言ってみると、通信費の相談にのってくれる専門のスタッフ『通信費みなおし隊』がいる店舗があります。

腕章に『通信費みなおし隊』の文字がありますので、それを目印に声をかけてみましょう。

 

とにかく相談してみよう
『コジマ』の通信見直し隊は、既存のキャリア、格安SIM各社、今話題のサブブランドを総合し、一人ひとりのユーザーに合ったよりよいプランを提案してくれます。

 

何から手をつけたらよいのか、格安シムも多すぎて自分には何があっているのか、とにかく分からないずくし!

と言う方は、まずは気軽に相談にのってもらいましょう。

無理に機種を買わされるなんて心配もありませんので安心して下さいね。

 

通信費を安くする方法まとめ

通信費を安くする方法

この記事では、各家庭での通信費の平均額や通信費を安くする方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

 

まずは大手3キャリアからの乗り換えに抵抗がないと言う方は、まずは格安スマホに切り替えましょう。

格安スマホと言っても回線は大手キャリアのものを使用していますので、特段安いからと通信が不安定になると言うことはありません。

現に私も格安スマホを所有し3年になりますが、そのようなトラブルに見舞われたことはありません。

 

気を付けなければならないのは、自宅にひいているネット回線の方です。

私の友人で『安いネット回線に切り替えをしたら使い物にならないくらい遅くて参った』という人がいます。

料金の安さだけにとらわれ特に調べることもなくネットの乗り換えをすると、動画視聴どころか普通に調べものをするのもストレスとなってしまう事もあり得ます。

プロバイダ一つでも、『自分の住んでいる地域では評判が酷い』、『混雑している時間帯は使い物にならない』という口コミがある場合は避けましょう。

 

少しでも通信費を節約して安く済ませたいという気持ちは誰しも持っていることですが、重要なのはなぜ生活の中にネットが必要なのかということです。

大抵の場合契約期間は2年縛りになっていますので、使い物にならないネット回線を契約してしまった場合はその期間我慢をするか、解約金を支払って解約をすると言うパターンになってしまいます。

安いものを追い求めた結果、余計な出費をしてしまえば、それこそ本末転倒なので気を付けましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。