通信費の平均は一人暮らしだといくら?節約で半額以下も可能!

通信費 平均 一人暮らし

一人暮らしの通信費って平均どのくらいなのでしょうか?

パソコンのインターネット代金、スマホの通信料金が高すぎて見直したいとお考えの方多いですよね。

一人暮らしにとって通信費を抑えることは大きな課題でしょう。

  • 実際にみんなは月にどれくらい通信費を払っているの?
  • よく機種変更しているけれど、どんな契約しているの?
  • よく通話しているけれど、通話し放題なの?

って気になりませんか!?

毎月発生する通信費は、少しでも安い方がいいですよね。

ところが、周囲にお金のことはなかなか聞きずらいものです。

そこで、この記事では気になる一人暮らしの通信費が平均いくらなのか?をリサーチしてみました。

 

スポンサーリンク

『通信費』一人暮らしみんなの平均額はいくら?

通信費 平均 一人暮らし

一人暮らしの良さは自由なこと。

けれど自由だからこそ、節約を心がけて無駄遣いを減らし、余ったお金を趣味や貯蓄などに回して余裕ある生活を送りたいものですよね。

今や水道代や電気代などの光熱費と同様、通信費も固定費の位置づけとなりました。

そこで、周囲の皆はどのくらいの通信費で月々過ごしているのか、平均をリサーチしてみました。

結果、契約の形態によって料金は異なりますが、どうやら10,00円前後が平均のようです。

大手キャリアでスマホを契約している場合は、月7,000円から1万円程度のことが多く、さらに固定回線を引いていると数千円程度プラスになります。

ご自身と比較していかがですか?

 

月々7,000円のスマホ代と言えば結構な額ですが、決して長電話をしているわけでもありません。

スマホの契約プランはほとんどが、『通話何分まで無料』、『通信料何ギガまでは一定額でそれ以上は通信速度が落ちる』と言うもので、毎月ほぼ変動がありません。

ですので、プラン自体を見直さなければこの通信費を抑えることは不可能なのです。

では、通信費を節約するには具体的にどのようにすればよいのか?

続いては、節約方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

通信費を節約する方法

通信費 平均 一人暮らし

月々の通信費が10,000円と言うことが判りました。

これは、光熱費に匹敵するほどです。

通信費はパソコンやスマホを使わないことで大幅にカットできますが、日常生活に欠かせないものですからゼロにするわけにはいきません。

そこで、契約プランの見直しをお勧めしたいと思います。

 

格安SIMにする

携帯電話を格安SIM(格安スマホ)に乗り換えると、三大キャリアと契約している場合と比べて1ヶ月の使用料金が半額、または3分の1以下に抑えられることがあります。

格安SIMに向いているのは普通の電話での通話時間が短い人、Wi-Fiを使うことが多い人です。

  • 格安スマホって何だか怪しい。
  • 本当にそんな値段で今までと同じような使い方が出来るの?

と思っていませんか?

筆者自身も格安スマホを持っていますし、周囲もどんどん格安スマホへ乗り換えて、通信費の節約に大成功していますよ。

 

上記でスマホ代平均が7,000円とお伝えしましたが、その半額なら3,500円です。

月々3,500円の節約が出来たらどうでしょう?

筆者なら使用に支障がないなら乗り換えますが。

 

ただ、どうしても

  • キャリアのメールアドレスが必要。
  • キャリアにこだわりがある。

と言う方は、格安スマホでの節約は見送るべきです。

 

使っていないオプションを外す

格安スマホには出来ないと言う場合は、まずは使用していないオプションをはずしましょう。

案外契約した時に強制加入だったオプションをそのままにしている人は多いです。

オプションはだいたい月額300円や500円といった料金ですが、解除すればその分すぐに節約ができます。

わざわざ店舗に行かなくても、この程度の変更なら解除は会員ページからでも行えますよ。

 

一人暮らしで光回線はもったいない!?

あなたにとって光回線は本当に必要ですか?

光回線は家族で使うなら十分元が取れますが、一人暮らしの方が光回線を利用するのは正直もったいないです。

他の通信方法を考てみてはいかがでしょうか。

例えば、スマホからwifiの電波を飛ばす『テザリング機能』で十分かもしれませんよね。

現に節約を心がけている独身の多くの方は、スマホのテザリングでパソコンを使うという方法をとっています。

動画をそこまで視聴しない私の場合、9GB程度でも十分ですからね。

自分のパソコンの利用頻度や、目的に合わせて契約することが通信費節約のコツです。

 

モバイルタイプのWi-Fiルーターを活用する

自宅で固定回線を引いている場合は、モバイルタイプのWi-Fiルーターへの変更を検討してみましょう。

自宅の据え置きタイプのWi-Fiルーターを使用せずに、モバイルタイプのWi-Fiルーターのみを活用すれば、自宅と外出先のインターネット回線の利用料をひとつにまとめることができます。

努力すればそれがストレートに成果として現れるのが一人暮らしにおける節約の良いところです。

 

モバイルタイプのルーターは、固定回線に比べると月額料金が安い場合が多いです。

契約内容によって料金プランは違うため事前に料金比較はしなければなりませんが、スマホやパソコン、タブレットをより便利に使いたいならおすすめです。

利便性の高さだけで見ても固定回線よりモバイルルーターを検討してみて下さい。

 

クレジットカードで支払にする

通信費はクレジットカード支払いが可能なため、カード払いにした方がよりお得に利用できます。

これはもう実践されている方も多いかもしれませんが、払い込みや口座振替の場合と支払う金額は同じですが、カード払いの場合、支払った金額に応じてカードのポイントが付与されます。

ポイントが付く分、カード払いの方がお得ということになります。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの通信費を安くするおすすめの格安SIMはどこ?

通信費 平均 一人暮らし

スマホ代が半額またはそれ以下に抑えられるなら、今月からでも!となりますね。

ところが、格安SIMは業者がたくさんあり、どこが良いのか?と迷ってしまうのです。

通信費を安くする方法でもお伝えしたように、やはり肝はスマホの料金になるでしょう。

 

mineo

そこで、一つアドバイスをするなら、仮に今お使いのスマホをそのままで、毎月の通信費を安くしたいなら『mineo』がおすすめですよ。

mineoは、ドコモのスマホにも、auのスマホにも対応出来るマルチキャリアなので対応端末数が圧倒的に多いです。

 

月額料金も安くプランを豊富。

使用頻度の少ない人からたくさん使う人まで、それぞれに応じた最適なプランが選べます。

さらに、基本データ容量は、毎月25日までであれば無料で変更が可能です。

つまり、使用状況を確認しながら自分にあったプランに何度でも簡単に変更できるので、『しまった!あっちのプランにしておけばよかった』と言うことにはなりません。

そして、2年縛りや最低利用期間もありません。

 

mineoなら解約時にかかる違約金が発生しないので、まずは少しだけ試したい場合におすすめです。

 

Y!mobile

『mineo』はドコモのスマホにも、auのスマホにも対応出来ると言いましたがY!mobileはソフトバンクと相性バッチリの格安シムです。

ソフトバンクのサブブランドということもあり、通信回線はソフトバンクの回線をそのまま利用できます。

速度も速く通話代金が安いのがワイモバイルの特徴です。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの通信費の平均まとめ

通信費 平均 一人暮らし

この記事では、一人暮らしの通信費が平均いくらなのか?その節約術をお届けしてきました。

 

通信費は一人暮らしの際には大きな負担になることも多いでしょう。

少しでも生活を楽にするためには出費抑えることが大切で、特に見直すべきはこういった固定費です。

公共料金も含めた通信費などの生活費は必須費用のため節約はできないと考えてしまいがちですが、実はそうではありません。

これらは工夫次第で節約が可能であることが判りましたね。

上手な節約の方法を知り、生活コストを平均以下に抑え、節約生活を始めてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。