扶養手当金額は会社員だと企業によりけり?家族手当はどうなる?

扶養手当 金額 会社員 企業

世間の会社員なら『扶養手当』を受給している人も多いでしょう。

その金額は企業によりけりです。

配偶者に10,000円子供1人5,000円の金額を出す企業もあれば、扶養手当がゼロの企業まで。

その理由は、『扶養手当』『家族手当』という制度は一般企業では義務化されていないからです。

 

仮に会社員が親を扶養に入れた場合、子どもの側では税金が安くなる一方、親の病院代が増えるというデメリットがあるのです。

一般国民には分かりづらいいくつもの制度と法律が根本にあります。

そこでどのようなケースで扶養手当を受給するのがよいのかや、家族手当についてリサーチしてみました。

早速みていきましょう。

 

スポンサーリンク

会社員の扶養手当制度とは

扶養手当 金額 会社員 企業

扶養手当とは、配偶者や子供がいる社員に対して会社側から支払われる手当のことで、扶養家族がいる社員が安定した生活を送れるように支えるという目的を持っています。

 

ママ

扶養家族が多ければ多いほど金銭的な負担も大きくなるので、家計にかかる負担を少しでも減らすには扶養手当がつくと助かりますね。

パパ

日本国内で、扶養手当制度を導入している企業は少なくありません。

 

少し古いですが、厚生労働省の『平成27年就労条件総合調査結果の概況』に記載されている『諸手当の種類別支給企業割合』によると、家族手当や扶養手当などを支給している企業は、全体の66.9%という結果になっています。

扶養手当と似たようなものに、『家族手当』『配偶者手当』があります。

聞いたことありますよね。

『家族手当』は扶養手当と同じ意味で使われていて、扶養する配偶者や子供などの家族がいる社員に支給される手当です。

一方、配偶者手当は、配偶者がいる社員に対して支給される手当のことをいいます。

扶養手当の支給対象者に配偶者が含まれることから、『配偶者手当』という名称はほとんど使われず、現在では『扶養手当』または『家族手当』と呼ばれるのが主流とっているようです。

 

スポンサーリンク

会社によって異なる扶養手当の平均金額は?

扶養手当 金額 会社員 企業

上記でご説明した通り、扶養手当は一般的に家族手当などと言われていることもあり、大体その内容は読んで字のごとくであることが分かりました。

給与所得者が配偶者・子・孫・親・兄弟姉妹を自分が養っている場合に、その生活を維持するための手当です。

 

ママ

これらは法律で義務化されているものではなく、民間企業が独自に設定できます。

パパ

不幸なことに扶養手当がない場合もありますが、特に法律違反でも何かペナルティが課せられることもありません。

 

一方『基本給が低い』と思っていても、家族手当・扶養手当によって手取りの金額が増える場合もあるのです。

この『扶養手当』は税法上の『扶養控除』とは全く別の制度で意味も運用も異なりますので注意が必要です。

『扶養控除』については以下の記事で取り上げていますので、ご確認下さい。

扶養手当と控除は別?共働きで子供を扶養した場合の節税金額や条件とは!

 

スポンサーリンク

家族手当のある会社員は親も扶養に入れるとお得?

扶養手当 金額 会社員 企業

一般的に家族手当とも呼ばれる扶養手当は、妻や親を扶養する会社員にも支給されます。

上記で説明した通り、就業規則で妻や親がその対象者となっていればの話ですが。

扶養手当がもらえるとラッキーなのですが、実はそれ以外にも妻や親を扶養することで家計の負担が軽くなる事があるのです。

それは『健康保険上の扶養』です。

ではどういった場合に『健康保険上の扶養』に入れるとお得なのか、パートをする主婦が加入した方がよいとされるボーダーラインや、両親について以下の記事で記載していますのでご確認下さい。

 

【パート主婦を扶養にする場合】

扶養手当の条件で配偶者収入を徹底解説!ボーダーラインはこれだ!

 

【年金受給両親を扶養にする場合】

https://setsuyaku-kakeibo.net/?p=2726&preview=true

 

健康保険上の扶養は制度が複雑でケースバイケースのようです。

ご自身のご家庭が扶養した方がよいのかよくないのか、一度、担当部署へ相談されるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

扶養手当で受給したお金の定義・意味

扶養手当 金額 会社員 企業

家族手当とも呼ばれる扶養手当は、会社から支給されるお金です。

そういう意味では、お金には色はついておらず給与と違いはないのですが、そもそも家族手当は会社から受け取る賃金といえるのでしょうか?

 

仮に賃金として受け取る場合、労働基準法の規制を受けるでしょう。

扶養手当が賃金にあたるかどうかは、福利厚生にあたるものなのか、支払い義務があるものなのかによって違います。

福利厚生にあたるものと考える場合、労働の対価とはいえないため賃金にはあたりません。

しかし、就業規則や労働契約などで支払額や基準が明確に定められている場合には、支払い義務がある労働の対価として扱われることも

 

扶養手当を申請するか否かを決めたらすぐに行動を!

扶養手当 金額 会社員 企業

今働いている会社に扶養手当制度がある場合、実際に手当をもらえるのは『結婚した』『子供が生まれた』『両親を扶養することとなった』など家族が増えたことを勤務先に申告して、扶養手当の申請をした後になります。

会社の規定によって、扶養手当の申請をした月から支給される場合もあれば、申請の翌月から支給される場合もあります。

自分が働いている会社で扶養手当制度を取り入れているか分からない人は、就業規則を確認しましょう。

扶養申請には被扶養者の情報が必要です。

準備書類などもありますので、扶養に入れたいはずれたいなどといった場合、数カ月かかる場合がありますので、決まった場合は早く段取りすることがおすすめです。

 

企業によって違う扶養手当制度や金額まとめ

扶養手当 金額 会社員 企業

この記事では、企業によって異なる『扶養手当』制度そのものについて、その金額や手当を受給するのがよいのかについてお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

会社員に扶養されている家族だと、

  • いくらの金額が受給できるのか
  • 税金や健康保険料を払うことを考えると扶養に入った方がいいのか
  • パートとのシフトとの兼ね合いがあるので、ギリギリのラインを知りたい

など、こまかい計算が必要ですよね。

パートの場合は一律のボーダーダインはありますが、その他では会社員の夫の収入額や親への仕送り額にもよりけりということをおさえておいてください。

 

パパ

家族が増えれば増える程申請をした方がよさそうですが、年金受給者にとってはマイナスになるケースもあるようです。

ママ

なかなか人には話しづらい経済事情もあるでしょう。

何か疑問や不安を感じた場合は、すぐに夫の給与や社会保険を担当する部へ問合せをしてみしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。