電気代計算は自動計算が便利!関西電力のおすすめプランはどれ?

電気代 計算 関西電力

これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気。

2016年の4月の『電力自由化』以降は、現在の電力会社だけでなく、新たに参入する電力会社からも電気を契約できるようになりました。

それに伴い、これまでとは別の供給会社へ乗り換えたと言う利用者もいらっしゃるでしょう。

 

ところが、殆どのご家庭では、

  • さほど電気代が変わらないのなら手続きが面倒
  • 電気代はどこがお得か分からない

と余り積極的に乗り換えをしていないようです。

皆さんは各家電での消費電力はご存知ですか?

 

これまでの電力会社で契約してい種別別は今のライフスタイルにマッチしていますか?

『はい!』と答えられる人は少数だと思います。

電力自由化になったものの、やはり私たちの頭にまず浮かぶのは『北海道電力』・『中部電力』・『東京電力』・『関西電力』などではないでしょうか。

各電力会社ではそれごれ契約プランごとの電気代の計算方法や単価も掲載しています。

 

そして2016年の電力自由化に伴い競合他社が増えたことにより、関西電力でも新たなプランが展開されています。

そこで、この記事では各ご家庭での標準的な電気代の計算方法を関西電力を例に挙げながら一緒に見て行きたいと思います。

『2019年は節約を心がける』『見直しをしたい』とお考えの方は、本記事必見ですよ。

 

※関西電力の画像出典:https://www.kepco.co.jp/

スポンサーリンク

『関西電力』電気料金計算方法

電気代計算は自動計算が便利!関西電力のおすすめプランはどれ?

電気代の計算方法、意外と知らないですよね。

殆どのご家庭で毎月の電気代をざっくり把握されていると言う程度ではないでしょうか。

計算式はややこしそうだし・・・と毎月送られてくる明細も合計金額しかチェックしていないのでは?

請求される電気代がどのように計算されているのかみていきましょう。

本当に一度理解してしまえば、何ともシンプルな計算方法ですよ。

 

基本料金+従量料金((電力量単価±燃料費調整単価+再生可能エネルギー発電促進賦課金単価+太陽光発電促進付加金単価)×使用電力量(kWh))− 割引総額

が私たちに請求される電気代の計算式です。

毎月固定でかかる「基本料金」部分と、期間中にご家庭で使われた電気の量である「使用電力量(kWh)」に連動する「従量」部分が存在しています。

  • 基本料金
  • 電力量料金(従量)
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金(従量)
  • 太陽光発電促進付加金(従量)
  • 割引額

などとして、「電気ご使用量のお知らせ」などに記載されています。

計算式は単純だけど、そこに係れている項目がチンプンカンプン・・・ですね。

そこで、これらが一体何を意味しているのかを、ひとつずつ見ていきましょう。

 

基本料金

ご家庭で契約されている料金プランの基本料金です。

電力の使用量に関わらず一定金額が適用されます。

プランによっては基本料金が存在しないものもあります。

 

電力量料金(従量)

電力量料金とは、ご契約プランに設定されている1kWhあたり料金単価(電力量単価)に、その期間中にご家庭で使われた電気の使用量(使用電力量 kWh)を掛けた金額と、燃料費調整額を足した(もしくは引いた)ものとなります。

電力量料金はこのように計算されています。

  • 『(電力量単価±燃料調整額)(円)×使用電力量(kWh)』

 

燃料費調整額の算出方法

私たちが飛行機に乗る際に燃料サーチャージを支払うように、電気代にも燃料費の調整額が含まれています。

まず、電力会社は電気料金改定を経済産業省へ申請する時に、電気料金の単価を設定するとともに、「基準燃料価格」という、燃料費調整額を算定する際の基準となる単価を設定します。

これは電力会社が考える「このぐらいの価格で燃料を買い付けられる」という前提価格です。

その上で、原油・石炭の貿易統計価格をもとに、「平均燃料価格」という、直近3か月間の平均値を毎月算出します。

この、「平均燃料価格」と「基準燃料価格」を元にして燃料費調整額が決定されます。その月に決定された燃料費調整額は、2か月後の電気代請求時に反映されます。

毎月算定される平均燃料価格(市場での燃料の価格)が、基準燃料価格(想定していた買い付け価格)を上回る場合はプラス調整、下回る場合はマイナス調整が行われます。

 

例えば、燃料費調整額がプラス0円75銭、使用電力量が300kWhだった場合、

0.75×300=225円となり燃料費調整額はプラス225円となります。

調整額がマイナス0円75銭、使用電力量が300kWhだった場合、

.75×300=-225円となり燃料調整額はマイナス225円となります。

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものです。

単価は全国一律にkWhあたりの単価が毎年設定され、その単価をご家庭の電気使用量(使用電力量)に掛けた額が毎月の電気代の請求額に含まれます。

再生可能エネルギー発電促進賦課金は、『再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(円)×使用電力量(kWh)』として計算されます。

 

太陽光発電促進付加金

太陽光発電促進付加金とは、太陽光発電システムの導入を促進することを目的に、太陽光システムを導入している住宅から余った余剰電力を電力会社が買い取る際の費用を消費者が負担するものです。

単価は、電力会社ごとの買い取り費用総額により、kWhあたりの単価が毎年設定され、その単価をご家庭の電気使用量(使用電力量)に掛けた額が毎月の電気代の請求額に含まれます。

 

なお、この制度は(3)再生可能エネルギー発電促進賦課金に一本化されるため、平成26年9月分の電気料金までで終了しています。

 

割引額

ご契約の電気料金プランにより、夜間蓄熱式機器を設置されているご家庭・オール電化住宅のご家庭などに適用される割引や、支払方法を口座振替にした場合適用される割引など様々な割引があります。

 

割引額の算定方法は、一口あたりであったり、電力量料金の一定割合が割り引かれるなど様々ですが、その割引総額が電気代の請求額から毎月引かれます。

 

スポンサーリンク

『関西電力』基本料金はいくら?シュミレーターで自動計算

電気代 計算 関西電力

上記では電気料金の計算式をご紹介していきました。

 

しかし、それれも専門用語が難しく理解出来ないと言う方のため、簡単に現在ご契約の契約種別毎に電気代を試算してくれる関西電力のサービスをご紹介します。

 

関西電力はこちらのページ(https://www2.kepco.co.jp/home/ryoukin/simu/index.html)からシュミレーションが出来ますよ。

手順は以下のようになっています。

まずここでは契約種別『従量電灯B』の契約をしていると仮定して進めてみます。

 

  • STEP1:現在契約している種別を選択する。

従量電灯Bにチェックを付けます。

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

  • STEP2:比較する契約種別を選択する。
電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

ここでは、『時間帯電灯』と比較してみるため、そこをクリックります。

『時間帯電灯』とは、時間帯別に設定された料金によって、より電力需要の少ない時間帯への負荷移行を促進し、電力設備の効率的な使用等を目的としたメニューです。

夜間の電気料金は割安に、昼間は割高になります。夜型ライフスタイルの方におすすめのメニューです。

 

  • STEP3:電気使用量など入力する。

『はぴeみる電』やお手持ちのデッキ使用料のお知らせ(検針票)を参考にしながら、現在契約種別の電気使用月、電気使用量などを入力して下さい。

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

  • STEP4:シュミレーション結果

 

とても簡単に他のプランとの比較が出来ます。

これで自分のライフスタイルにあったプランが見つけられますよ。

是非試して下さいね。

 

スポンサーリンク

『関西電力』契約種別一覧!どの料金プランがおすすめ?

電気代 計算 関西電力

関西電力の料金プランにもいろいろな種類があるって知ってましたか?

私は今まで、自分が使っているプランのこともよくわかってなかったぐらいです。

関西電力の料金プランは以下のものがありますよ。

 

従量電灯A

 

電灯または小型機器を使用し、最大需要容量※が6kVA未満の利用者が対象です。

 

料金単価

  • 最低料金(最初の15kWh)までの料金単価:334.82円
  • 電力料金15kWh~120kWhまで(第1段階):19.95円
  • 電力料金120kWh~300kWhまで(第2段階):25.33円
  • 電力料金300kWh超過分(第3段階):28.76円

 

電気料金計算例

  • 1ヶ月の使用電力量・・・260kWh
  • 口座振替割引契約を適用
最低料金  

334.82円=15kWhまで

 

電気量料金

15kWh超過120kWhまで

2094.75円=19.95円×105kWh
電気量料金

15kWh超過120kWhまで

3546.20円=25.33円×140kWh
電気量料金

300kWh超過分

0円=28.76円×0kWh
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定。

(算定式)燃料費調整単価(最初の15kWHまで)+燃料費調整単価(15kWhを超える1kWh)につき×(260-15)kWh

口座振替割引額 54.0円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該月分の単価に基づき算定。

(算定式)再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(最初の15kWhまで)+再生可能エネルギー発電促進賦課金単価((15kWhを超える1kWh)につき×(260-15)kWh(円位未満切捨て)

請求金額 5921円=①+②+③+④+⑤+⑥+⑦

(円位未満切捨て)

 

従量電灯B

商店、事務所、飲食店、ご家庭等で電灯、小型機器を多くお使いいただく場合のメニューです。

ご使用量によって電力量料金単価が異なる3段階料金制度となっています。

また、ご契約容量に応じた基本料金もあります。

 

料金単価

  • 基本料金(単位1kVA):388.80円
  • 電力量料金最初の120lWhまで(第1段階):17.59円
  • 電力料金120kWh~300kWhまで(第2段階):20.82円
  • 電力料金300kWh超過分(第3段階):23.77円

 

契約容量の算定

ご契約容量は、お客さまが使用される電気機器の容量(入力)の合計(総容量)に、一定の係数(容量圧縮※)を乗じて算定します。

※容量圧縮とは、「電気特定小売供給約款」で定めた係数を乗じるものです。

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

電気料金計算例

  • 契約容量・・・11kVA
  • 1ヶ月の使用電力量・・・1,180kWh
  • 口座振替割引契約を適用
基本b料金  

4276.80円=388.80円×11(kVA)

 

電力量料金

最初の120kWhまで

2110.80円=17.59円×120kWh
電気量料金

15kWh超過120kWhまで

3546.20円=25.33円×140kWh
電気量料金

300kWh超過分

0円=28.76円×0kWh
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定。

(算定式)燃料費調整単価(最初の15kWHまで)+燃料費調整単価(15kWhを超える1kWh)につき×(260-15)kWh

口座振替割引額 54.0円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該月分の単価に基づき算定。

(算定式)再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(最初の15kWhまで)+再生可能エネルギー発電促進賦課金単価((15kWhを超える1kWh)につき×(260-15)kWh(円位未満切捨て)

請求金額 5921円=①+②+③+④+⑤+⑥+⑦

(円位未満切捨て)

 

eおとくプラン

低圧で電気の供給を受け、電灯または小型機器を使用される方向けのプランです。

 

料金単価

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

  • 基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,188円00銭
  • 基本料金 6kwをこえる1kwにつき 388.80円
  • 電力量料金 最初の180kWhまで(第1段階料金) 1kWh 15.03円
  • 電力量料金 180kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 1kWh 24.03円
  • 電力量料金 300kwh超過分(第3段階料金) 1kWh 27.90円

 

電気料金計算例

【平成30年4月以降にご契約の場合】

  • 契約電力・・・6kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・350kWh
基本料金

契約電力6kwまで

 

1,188.00円

 

基本料金

6kwをこえる1kwにつき

 

0.00円=388.80円(kw)

 

基本料金 計 1188.00円
電力量料金

最初の180kWhまで

2705.40円=15.03円×180(kwh)
電気量料金

180kwhこえ300kWhまで

2883.60円=24.03円×120(kwh)
電気量料金

300kWh超過分

1395.0円=27.90円×50(kwh)
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定。

(算定式)燃料費調整単価×350(kwh)

再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定。

(算定式)再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×350(kWh)(円位未満切捨て)

請求金額 8172円=③+④+⑤+⑥+⑦+⑧

(円位未満切捨て)

 

【平成30年3月以前にご契約の場合】

  • 契約電力・・・6kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・350kWh
  • ガスセット割引を適用
基本料金

契約電力6kwまで

 

1,188.00円

 

基本料金

6kwをこえる1kwにつき

 

0.00円=388.80円(kw)

 

基本料金 計 1188.00円
電力量料金

最初の180kWhまで

2,705.40円 = 15.03円×180[kWh]
電気量料金

180kwhこえ300kWhまで

2,883.60円 = 24.03円×120[kWh]
電気量料金

300kWh超過分

1,395.00円 = 27.90円×50[kWh]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定。 [算定式]燃料費調整単価×350[kWh]

 

ガスセット割引 163.44円=(③+④+⑤+⑥)×2%
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定。 [算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×350[kWh](円位未満切捨て)
請求金額 8,008円 = ③+④+⑤+⑥±⑦ー⑧+⑨

(円位未満切捨て)

引用:関西電力公式ページ

 

時間帯別電灯

時間帯別に設定された料金によって、より電力需要の少ない時間帯への負荷移行を促進し、電力設備の効率的な使用等を目的としたメニューです。

料金単価は通常※より夜間は割安に、昼間は割高になります。そのため、夜間のご使用量の割合が高いほど、電気料金はお安くなります。

 

料金単価

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

  • 基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,188円00銭
  • 基本料金 10kWをこえる1kWにつき 388.80円
  • 電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 21.27円
  • 電力量料金 昼間時間 180kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 1kWh 27.44円
  • 電力量料金 昼間時間 230kWh超過分(第3段階料金) 1kWh 31.42円
  • 電力量料金 夜間時間 1kWh 10.51円
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引いたします。 マイコン型1kVA 129.60/5時間通電機器1kVA 140.40

 

電気料金計算例

【平成28年4月以降にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・480kWh
  • 昼間:225kWh, 夜間:255kWh
基本料金

10kWまで

 

1,188.00円

 

基本料金

10kW超過分

 

0.00円=388.80円(kw)

 

基本料金 計 1188.00円
電力量料金

最初の180kWhまで

1,914.30円=21.27円×90[kWh]
電気量料金 昼間

90kWh超過 230kWhまで

3,704.40円=27.44円×135[kWh]
電気量料金 昼間

230kWh超過分

0.00円=31.42円×0[kWh]
電気量料金 夜間

1kWhにつき

2,680.05円=10.51円×255[kWh]
燃料費調整額 該月分の単価に基づき算定。 [算定式]燃料費調整単価×350[kWh]
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定。 [算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)
×480[kWh](円位未満切捨て))
請求金額 9,486円 = ③+④+⑤+⑥+⑦±⑧+⑨(円位未満切捨て)

 

【平成28年3月以前にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで(エコキュート(マイコン型2kVA)ご使用の場合)
  • 1ヶ月の使用電力量・・・480kWh
  • 昼間:225kWh, 夜間:255kWh
  • 口座振替割引契約を適用
基本料金

10kWまで

1,188.00円
基本料金

10kW超過分

 

0.00円=388.80円×0[kVA]

 

基本料金 計 1188.00円
電力量料金

最初の90kWhまで

1,914.30円=21.27円×90[kWh]
電気量料金 昼間

90kWh超過 230kWhまで

3,704.40円=27.44円×135[kWh]
電気量料金 昼間

230kWh超過分

0.00円=31.42円×0[kWh]
電気量料金 夜間

1kWhにつき

2,680.05円=10.51円×255[kWh]
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 259.20円=129.60円×2[kVA]
燃料費調整額 該月分の単価に基づき算定。 [算定式]燃料費調整単価×480[kWh]
口座振替割引額 54.00円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定 [算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)
×480[kWh](円位未満切捨て)
請求金額 9,173円 = ③+④+⑤+⑥+⑦-⑧±⑨-⑩+⑪(円位未満切捨て)

 

はぴeタイム

ご使用になる季節や時間帯によって電力量料金単価が異なるメニューです。

 

割安な時間帯に電気のご使用をシフトしていただく等の工夫で、電気料金を削減することができます。

 

料金単価

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ 

  • 基本料金 最初の10kWまで 2,160.00円
  • 基本料金 10kWをこえる1kWにつき 10kWをこえる1kWにつき 388.80円
  • 電力量料金 デイタイム(昼間時間) 夏季 1kWh 34.31円
  • 電力量料金 デイタイム(昼間時間) その他季 1kWh 31.19円
  • 電力量料金 リビングタイム(生活時間) 1kWh 23.05円
  • 電力量料金 ナイトタイム(夜間時間) 1kWh 10.51円
  • はぴeプラン 基本料金および電力量料金(燃料費調整額を除く)の合計から10%割引
    (割引上限額は3,240円/月)
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引。
  • マイコン型 1kVA 129.60円/ 5時間通電機器 1kVA 140.40円

 

電気料金計算例(「その他季」料金を適用の場合)

【平成28年4月以降にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・670kWh
  • デイタイム:64kWh, リビングタイム:257kWh, ナイトタイム:349kWh
基本料金

10kWまで

2,160.00円
基本料金

10kW超過分

 

0.00円=388.80円×0[kVA]

 

基本料金 計 2,160.00円
電力量料金

デイタイム

1,996.16円=31.19円×64[kWh] (その他季)
電気量料金

リビングタイム

5,923.85円=23.05円×257[kWh]
電気量料金

ナイトタイム

3,667.99円=10.51円×349[kWh]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定 [算定式]燃料費調整単価×670[kWh]
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定

(1kWhにつき)×670[kWh](円位未満切捨て)

請求金額 9,173円 = ③+④+⑤+⑥+⑦-⑧±⑨-⑩+⑪(円位未満切捨て)

 

【平成28年3月以前にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・670kWh
  • デイタイム:64kWh, リビングタイム:257kWh, ナイトタイム:349kWh
  • 口座振替割引契約を適用

 

基本料金

10kWまで

2,160.00円
基本料金

10kW超過分

 

0.00円=388.80円×0[kVA]

 

基本料金 計 2,160.00円
電力量料金

デイタイム

1,996.16円=31.19円×64[kWh] (その他季)
電気量料金

リビングタイム

5,923.85円=23.05円×257[kWh]
電気量料金

ナイトタイム

3,667.99円=10.51円×349[kWh]
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 259.20円=129.60円×2[kVA]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定 [算定式]燃料費調整単価×670[kWh]
口座振替割引額 54.00円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定

算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×670[kWh](円位未満切捨て)

請求金額 13,434円 = ③+④+⑤+⑥-⑦±⑧-⑨+⑩(円位未満切捨て)

 

eスマート10

ご使用になる季節や時間帯によって電力量料金単価が異なるメニューです。

 

  • 割安な時間帯に電気のご使用をシフトしていただく等の工夫で電気料金を削減することができます。
  • 基本料金 最初の6kWまで 1契約 1,188.00円
  • 基本料金 6kWをこえる1kWにつき 1kW 388.80円
  • 電力量料金 デイタイム(昼間時間) 1kWh 37.92円
  • 電力量料金 リビングタイム(生活時間) 夏季 1kWh 29.65
  • 電力量料金 リビングタイム(生活時間) その他季 1kWh 26.95円
  • 電力量料金 ナイトタイム(夜間時間) 1kWh 15.08円
電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

電気料金計算例(「その他季」料金を適用の場合)

  • 契約電力・・・6kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・600kWh
  • デイタイム:デイタイム:50kWh, リビングタイム:323kWh, ナイトタイム:227kWh
  • ガスセット割引を適用
基本料金

契約電力6kWまで

1,188.00円
基本料金

6kWをこえる1kWにつき

0.00円=388.80円×0[kVA]
基本料金 計 1,188.00円
電力量料金

デイタイム

1,896.00円=37.92円×50[kWh]
電気量料金

リビングタイム

8,704.85円=26.95円×323[kWh] (その他季)
電気量料金

ナイトタイム

3,423.16円=15.08円×227[kWh]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定 [算定式]燃料費調整単価×600[kWh]
ガスセット割引 304.24円=(③+④+⑤+⑥)×2%
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定

算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×600[kWh](円位未満切捨て)

請求金額 14,907円 = ③+④+⑤+⑥±⑦-⑧+⑨(円位未満切捨て)

 

季時別電灯PS

夏のピーク時に対応するピーク時間※1と、それ以外のオフピーク時間※2、夜間時間※3に時間帯を区分し、ピーク時間からオフピーク時間および夜間時間へ負荷移行していただくことで、電気料金を削減できるメニューです。

 

  • ※1 「ピーク時間」とは毎年7月1日~9月30日の平日午後1時~午後4時の時間をいいます。

 

  • ※2 「オフピーク時間」とはピーク時間を除く毎日午前7時~午後11時の時間をいいます。

 

  • ※3 「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。

 

料金単価

電気代 計算 関西電力
  • 基本料金 最初の10kWまで 1契約 1,188.00円
  • 基本料金 10kWをこえる1kWにつき 1kW 388.80円
  • 電力量料金 ピーク時間 1kWh 53.23円
  • 電力量料金 オフピーク時間 最初の90kWhまで 第1段階 1kWh 20.52円
  • 電力量料金 オフピーク時間 90kWhをこえ230kWhまで 第2段階 1kWh 26.48円
  • 電力量料金 オフピーク時間 230kWh超過分 第3段階 1kWh 30.32円
  • 電力量料金 夜間時間 10.51円
  • 電制御型(マイコン型)蓄熱式機器または5時間通電機器をご使用の場合は、その総容量により次の金額を割引
  • マイコン型 1kVA 129.60円/5時間通電機器 1kVA 140.40円

 

電気料金計算例

【平成28年4月以降にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで
  • 1ヶ月の使用電力量・・・480kWh
  • ピーク時間:5kWh,オフピーク時間:197kWh,夜間:278kWh
基本料金

10kWまで

1,188.00円
基本料金

10kW超過分

0.00円=388.80円×0[kVA]
基本料金 計 1,188.00円
電力量料金

ピーク時間

266.15円=53.23円×5[kWh]
電気量料金

オフピーク時間

最初の 90kWhまで

1,846.80円=20.52円×90[kWh]
電気量料金

オフピーク時間

90kWh超過 230kWhまで

2,833.36円=26.48円×107[kWh]

 

電力量料金

オフピーク時間

230kWh 超過分

0.00円=30.32円×0[kWh]
電力量料金

夜間 1kWhにつき

2,921.78円=10.51円×278[kWh]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定 [算定式]燃料費調整単価×480[kWh]
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定

算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×480[kWh](円位未満切捨て)

請求金額 9,056円 = ③+④+⑤+⑥+⑦+⑧±⑨+⑩
(円位未満切捨て)

 

【平成28年3月以前にご契約の場合】

  • 契約電力・・・10kWまで(エコキュート(マイコン型2kVA)ご使用の場合)
  • 1ヶ月の使用電力量・・・480kWh
  • ピーク時間:5kWh,オフピーク時間:197kWh,夜間:278kWh
  • 口座振替割引契約を適用
基本料金

10kWまで

1,188.00円
基本料金

10kW超過分

0.00円=388.80円×0[kVA]
基本料金 計 1,188.00円
電力量料金

ピーク時間

266.15円=53.23円×5[kWh]
電気量料金

オフピーク時間

最初の90kWまで

1,846.80円=20.52円×90[kWh]
電気量料金

オフピーク時間

90kWh超過 230kWhまで

2,833.36円=26.48円×107[kWh]

 

電気量料金

オフピーク時間

230kWh 超過分

0.00円=30.32円×0[kWh]
電気量料金 夜間

1kWhにつき

2,921.78円=10.51円×278[kWh]
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 259.20円=129.60円×2[kVA]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定 [算定式]燃料費調整単価×480[kWh]
口座振替割引額 54.00円
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定

算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×480[kWh](円位未満切捨て)

請求金額 8,742円 = ③+④+⑤+⑥+⑦+⑧-⑨±⑩-⑪+⑫
(円位未満切捨て)

 

スポンサーリンク

『関西電力』電気料金明細確認方法

電気代 計算 関西電力

ここまででプランごとの計算方法は基本料金などをお届けしてきたので、毎月の検針票も少しは理解できるようになりましたか?

それでもまだ、あの複雑な検針票の見方が分からないと言う方のため、画像付でその内容を説明していきますね。

ここでは、『従量電灯や低圧電力をご契約』の場合の内容です。

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

電気代 計算 関西電力

引用:関西電力公式ページ

 

『関西電力』契約種別毎の単価や電気代計算方法まとめ

電気代 計算 関西電力

 

この記事では各ご家庭での電気代の計算方法を関西電力の場合を例に挙げながらお届けしてきました。

いかがだったでしょうか。

電力自由化後もかつてのプランをそのまま継続利用していると言う方、今一度この機会にプランの見直しをはかってみてはどうでしょうか。

競合他社が出現したことで、関西電力は元より他にも様々なサービスがあります。

月々の検針票を見ながら、料金シュミレーションで確認してみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。