電気代計算方法で東京電力のプラン見直し!料金・使用量の確認で節約しよう

電気代 計算方法 東京電力
  • ご家庭での家電製品の電気代や月々の電気代はしっかり把握されていますか?
  • 各家電での消費電力はご存知ですか?
  • 電気の契約種別は今のライフスタイルにマッチしていますか?

『はい!』と答えられる人は少数だと思います。

『節約は心がけているけれど家電個々の電気代やその計算方法までは分からない』、『月々の電気代は大まかに把握している程度』と言う方が大半ですね。

 

電力自由化になったものの、やはり私たちの頭にまず浮かぶのは『北海道電力』『中部電力』『東京電力』『関西電力』などではないでしょうか。

各電力会社ではそれごれ契約プランごとの電気代の計算方法や単価も掲載しています。

 

そこで、この記事では各ご家庭での標準的な電気代の計算方法を東京電力を例に挙げながら一緒に見て行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

電気料金計算方法

電気代 計算方法 東京電力

月々の電気料金は、契約の大きさによって決められる「基本料金」と、使用電力量によって計算される「電力量料金」の合計に、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加えたものとなります。

なお、電力量料金は燃料価格の変動に応じて、「燃料費調整額」を加算あるいは差し引きして計算します。

 

例えばこちらは東京電力の公式ページに掲載されているものですが、口座振替の場合以下の計算方法は以下のような図式で示すことが出来ます。

電気代 計算方法 東京電力

細かい点ですが以下のような注意点も計算式には組み込まれます。

  • ※基本料金、電力量料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金、口座割引を合計し、円未満は切り捨てます。
  • ※消費税等相当額=電気料金×8/108(円未満切捨て)
  • ※まったく電気を使用しない場合の基本料金は、半額となります。
  • ※口座振替払いの場合は、1か月あたり54円割引となります。

 

スポンサーリンク

『東京電力』電気料金計算サービス

電気代 計算方法 東京電力

更に東京電力のページでは、プランごとの電気料金計算もシミュレーション出来るようになっています。

ご使用量などを入力すると、1か月の電気料金を計算します。

契約の大きさを変更したときの料金をシミュレーションすることができます。

計算結果の内訳もご覧いただけますので、電気料金の計算方法等のご確認にも使えます。

  • STEP1:契約メニューを選択します。
  • STEP2:使用量などの必要項目を入力します。
  • STEP3:入力した内容をもとに電気料金を計算します。
  • STEP4:計算結果

とても簡単に計算が出来ますね。

 

これまで電気会社から届く請求書の通り、電気代を支払っていた、疑問を持ったことすらない、自分にあったプランは引っ越しのタイミングでしか見なかった、と言う方も一度この計算式を利用してみて下さい。

 

スポンサーリンク

『東京電力』契約種別一覧

電気代 計算方法 東京電力

上記では電気代の計算方法、そしてそれは契約プランごとに異なることをご紹介してきました。

そこで気になるのがその契約プラン。

東京電力にはどのようなプランが準備されているのでしょうか。

 

従量電灯B・C

従来からあるご家庭向けの料金プランで、時間帯にかかわらず料金単価は同一です。

ですので、時間を気にせず、電気の使用が可能です。

 

プレミアムS/L

一定の使用量までは定額で、それ以上はおトクに。

ご家族の多い方、ペットを飼っている方など、月々の電気のご使用量が多いお客さまにおすすめのプランです。

 

スタンダードS/L

時間帯を気にせず電気を使で、さまざまなライフスタイルに合った標準的なプランなので、一人暮らしからファミリーまで幅広い世帯向けのプランになっています。

 

夜トクプラン

その名の通りメインに夜間に電気を利用する方向けのプランです。

日中は不在がちのご家族や、電気炊飯器や食器洗い乾燥機をタイマー予約で夜間に使用したりするなど、夜間の電気をおトクに活用したい方に向いています。

 

スマートライフS/Lスマートライフプラン

主にオール電化住宅にお住まいの方向けのプランです。

エコキュートなどの総容量1kVA以上の夜間蓄熱式機器をご使用で、キッチンや空調も電気というオール電化のご家庭におすすめです。

割安な夜間の電気を上手に使ってスマートに暮らすことが可能になりますよ。

 

アクアエナジー100

水が生み出すエネルギーで地域と暮らしがつながる。

発電の際にCO2を排出しない水力発電100%のプランで、再生可能エネルギーの電気をご希望の方向けのプランです。

 

スポンサーリンク

『東京電力』主な契約種別の料金計算式・単価

電気代 計算方法 東京電力

ここまでで電気料金計算式や契約種別一覧をお届けしてきました。

実際、契約種別ごとの単価などは出てきませんでしたので、もう少し具体的に基本料金などその内容をご紹介していきます。

 

従量電灯B・C

  • 基本料金:従量電灯B…契約電流(10A~60A)別の基本料金/従量電灯C…280円80銭×契約容量

 

  • 使用電力量が120kWhまでの場合:19円52銭×使用電力量±燃料費調整額

 

  • 使用電力量が120kWhをこえ300kWhまでの場合:19円52銭×120kWh+26円00銭×(使用電力量-120kWh) ±燃料費調整額

 

  • 使用電力量が300kWhを超過する場合:19円52銭×120kWh+26円00銭×180kWh+30円02銭×(使用電力量-300kWh)±燃料費調整額

 

  • 料金 基本料金+電力量料金+再生可能エネルギー発電促進賦課金

 

  • 料金:基本料金+電力量料金+再生可能エネルギー発電促進賦課金

 

まったく電気を使用しない場合の基本料金は、半額となります。

 

プレミアムS/L

プレミアムS

アンペアブレーカまたは電流を制限する計量器による契約(10A~60A)

基本料金(10Aにつき) 電力量料金
280.80円

(15Aの場合は421.20円)

定額料金

(~400kWh)

従量料金

(400kWh~)

9,700.00円 29.04円/1kWh

プレミアムL

主開閉器の容量に応じた6kVA以上の場合の契約

基本料金(1kVAにつき) 電力量料金
280.80円 定額料金

(~400kWh)

従量料金

(400kWh~)

9,700.00円 29.04円/1kWh

スタンダードS/L

スタンダードS

アンペアブレーカ(電流制限器)または電流を制限する計量器による契約(10A~60A)。

基本料金(10Aにつき) 電力量料金(1kWh)
280.80円

(15Aの場合は421.20円)

~120kWh 121kWh~

300kWh

301kWh~
19.52円 25.98円 30.02円

スタンダードL

主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じた6kVA以上の場合の契約。

基本料金(1kVAにつき) 電力量料金(1kWh)
280.80円 ~120kWh 121kWh~

300kWh

301kWh~
19.52円 25.98円 30.02円

夜トクプラン

  • 基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭

 

  • 基本料金 7kVA~10kVAの場合 1契約 2,160円00銭

 

  • 基本料金 11kVA以上の場合 1契約 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)

 

  • 電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 24円12銭

 

  • 電力量料金 昼間時間 90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 1kWh 32円12銭

 

  • 電力量料金 昼間時間 上記超過(第3段階料金) 1kWh 37円09銭

 

  • 電力量料金 夜間時間 1kWh 12円57銭

 

料計算にあたり以下の注意点も一読下さい。

  • ※夜得プランにおける「昼間時間」とは毎日午前5時から午後9時までの時間をいい、「夜間時間」とは毎日午後 9時から翌日の午前5時までの時間をいいます。

 

  • ※電力量料金は、燃料価格の変動に応じて燃料費調整額を加算あるいは差し引きます。

 

  • ※まったく電気をご使用にならない場合の基本料金は、半額となります。

 

  • ※電気料金を算定する際は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算します。

 

スマートライフS/Lスマートライフプラン

スマートライフS

アンペアブレーカ(電流制限器)または電流を制限する計量器による契約(10A~60A)。

基本料金(10Aにつき) 電力量料金(1kWh)
280.80円

(15Aの場合は421.20円)

午前6時~翌午前1時 午前1時~午前6時
25.33円 17.46円

スマートライフL

主開閉器(漏電遮断器など)の容量に応じた6kVA以上の場合の契約。

基本料金(1kVAにつき) 電力量料金(1kWh)
280.80円 午前6時~翌午前1時 午前1時~午前6時
25.33円 17.46円

スマートライフプラン

ブレーカーの容量によらず、電気のご使用実績に基づき、契約の大きさを毎日決定します。

基本料金(1kWにつき) 電力量料金(1kWh)
450.00円 午前6時~翌午前1時 午前1時~午前6時
25.33円 17.46円

アクアエナジー100

基本料金(1契約あたり)
10A 550円80銭 15A 826円20銭
20A 1101円60銭 30A 1652円40銭
40A 2203円20銭 50A 2754円00銭
60A 3304円80銭

月々の電気料金は、契約の大きさで決まる基本料金と、使用電力量に応じて計算する電力量料金に再生可能エネルギー発電促進賦課金を加えたものです。

電気代 計算方法 東京電力

出店:http://www.tepco.co.jp/ep/eco/plan/private/detail.html

 

『東京電力』料金・使用料の確認

電気代 計算方法 東京電力

電気料金・使用量がグラフで確認が可能に

最大で過去2年分の電気料金・ご使用量(売電料金・売電量)がグラフで確認出来たり、グラフで見るからご使用状況の傾向も確認できます。

また、日ごと、30分ごとの実績も確認できます。

日別グラフでは、電気使用量や売電量に影響する天気や気温も確認できます。

私たちの嗜好に合わせて省エネ・暮らしに役立つヒントが得られますね。

 

使用量の比較もグラフで簡単表示

プロフィールが似たご家庭と、最大過去2年分の電気の使用傾向を比較できます。

似たご家庭との比較がより詳細にできるなんて、これまでにないサービスですね。

 

電気のご利用明細の確認

過去2年間までさかのぼって電気料金を確認することが可能です。

勿論印刷も出来ます。

印刷はかさばるので不要と言う場合でも、過去の分まで見られるのは有り難い!

そして料金のお支払いで貯まるポイントも合わせてチェック出来るのでこちらもお忘れなく。

 

『東京電力』契約種別毎の単価や料金計算方法まとめ

電気代 計算方法 東京電力

この記事では各ご家庭での標準的な電気代の計算方法を東京電力の契約種別ごとの単価を交えご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

 

電気代は家族構成や電気使用時間などによって大きく差が生じることが分かりましたね。

引っ越しの際には見直しをする方も多いでしょうが、家族が増えた・減ったからと言ってプランを見直す方はほどんどいらっしゃらないと思います。

そうです、新規の際のみならず、変更の際にも見直すことが必須です。

 

電気料金は、プランの見直しをすることでぐんとお得になるのです。

東京電力管轄地域では、様々な生活スタイルの人たちが生活しているだけあって、電気料金のプランもたくさん用意されています。

是非この機会に一度見直しをはかってみて下さい。

そしてウェブでチェックすることも可能なのでペーパレスをはかり、費用も生活もシンプル化してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。