北海道電力は電気代が高い?他の電気プランと徹底比較!

電気代 比較 北海道

電力自由化によって様々な電気プランを選択出来るようになりました。

電気代が比較的高いと言われている北海道民にとってはとっても嬉しいですよね。

早速、より安く安定して電力を共有してくれるプランに乗り換えたと言うユーザーも沢山いらっしゃいます。

一方、

  • 契約の変更が面倒
  • どこがよいのか分からずそのまま北海道電力と契約を継続している

と言う方も沢山います。

 

そこで、節約をしたいけれどプラン変更に今一歩踏み出せないでいる方のため、北海道電力の基本的な料金プランと他の電力プランとの比較、口コミなどをご紹介していきます。

是非、電気料金見直しにお役立て下さい。

 

スポンサーリンク

北海道電力基本料金プラン

電気代 比較 北海道

北海道電力の電気料金プランは、大きく分けると、

  • 従量電灯プラン:大多数の家庭が契約している一般的な電気料金プラン
  • eタイム3[Sプラン]:オール電化向けの家庭向けの電気料金プラン

の2つに分かれます。

 

オール電化を使用している家庭は多くはありません。

ですので実体に即して最多契約数は『従量電灯プラン』となっているのです。

ですので、対抗する新電力の多くも北海道電力の従量電灯プランにそった形の電気料金プランを提供しています。

それれは、北海道電力の電気料金プランをおさらいしましょう。

 

北海道電力の従量電灯プラン

従量電灯プランは、契約するアンペア容量によって料金が変わる「基本料金」と使用した電力量(kWh)に応じて料金がかかる「電力量料金」の2つで構成されています。

以下に従量電灯プランの特徴をあげます。

  • 電気料金は「基本料金(アンペア制)」+「電力量料金」で構成されています。

 

  • 基本料金はアンペア制で、契約するアンペア容量(10、15、20、30、40、50、60A)によって料金が異なります。

 

  • 契約アンペアが大きいほど基本料金は高くなります。

 

  • 電力量料金は、1kWh(キロワットアワー)あたりの料金単価(電気の使用量によって3段階制)に 電気の使用量(kWh)をかけて計算します。

北海道電力では「基本料金」が必ずかかりますが、新電力の中にはLooopでんきのように、基本料金がゼロ円のプランもありますよ。

>>北海道電力(ほくでん)をお得に利用する節約術

スポンサーリンク

北海道電力エリアの電力会社を一発リサーチ徹底比較!北電より安いプランは?

電気代 比較 北海道

北海道全域をカバーしているのが北海道電力(ほくでん) は原発の停止などの影響で、全国的に見ても料金が高止まりしている状況です。

そんな道内の一般家庭で契約できる新電力の料金プランを一覧表で紹介します。

世帯人数ごとの「平均使用量」で試算した、北電の「従量電灯B」と比較したお得率と、年間でお得になる金額の目安です。

お得率と年間節約額 1人
20A / 月170kWh
3人
40A / 月391kWh
備考
ピタでん
使った分だけ
-3.6%
-2135円
 -14.8%
-25774円
1年内の解約で2千円+税
AIでんき -1.4%
-809円
-10.5%
-15880円
解約時の違約金発生なし
Looopでんき -1.0%
-605円
-10.2%
-15411円
解約時の違約金発生なし
親指でんき -1.0%
-605円
-10.2%
-15411円
解約時の違約金発生なし
楽天でんき
プランS
20A契約不可 -9.1%
-13757円
解約時の違約金発生なし
自然電力
SE30
+1.5%
+873円
-8.8%
-13318円
再エネ実質30%
料金単価が変動する
ハローG電力 30A以上で契約可 -8.4%
-12772円
1年内の解約で2千円

2016年4月に始まった電力自由化。

自由化前は北海道電力としか契約できなかった電力サービスですが、今では様々な電力会社のプランを申し込むことが出来るようになりました。

それぞれのライフスタイルにあったプランが提供されていて選択肢が広がっていますね。

皆さん自分にあったプランになっていますか?

どの新電力を選ぶべき?ポイントは?

体的にどのような方がどの電力会社を選べば良いのかご紹介しますので、参考にしてくださいね。

【アンペア容量が多い】

Looopでんきは、基本料金がゼロ円というのが画期的です。

契約アンペアが高い人ほど、ゼロ円になった時の節約額が大きくなります。

つまりLooopでんきは、アンペア容量が多いご家庭に向いています。

また、Looopでんきは電力量料金も一律でかつ北海道電力の2段階目よりも安い、つまり電気の使用量が多い人ほど電力量料金も安くなります。

【電気の使用量が少ない】

電気の使用量が少なくても確実に安くなるのはH.I.S.でんき(HTBエナジー)です。

H.I.S.でんきは、10Aから20Aまでの契約がないものの、基本料金も電力料金も北海道電力よりもすべて5%安く設定されています。

そのため、電気の使用量が少なくても確実に安くなります。

 

電力会社を比較検討して電気代を計算するのは一苦労です。

しかし、お得なプランを見つけるには、まずは自分の電気の使い方や使用する時間帯などライフスタイルの特徴をあげてそれに合ったプランを見つけるのが近道のようです。

 

スポンサーリンク

口コミおすすめランキング電力会社TOP5はここ

電気代 比較 北海道

電気料金の高い北海道だからこそ、節約志向の高い主婦にとって安い新電力に切り替えるのはとても大事なこと。

今回は実際利用者の口コミを元にまとめてみましたので、安心信頼できる内容となっています。

 

人気No.1:Looopでんき

Looopでんきは基本料金が0円なだけではなく、契約期間の縛りや解約金もありません。

基本料金0円ということは、それだけで毎月1,000円近く安くなるということです。

実際の契約者も毎月1,000円ちかく安くなり大変満足していますし、正直、2019年の時点でLooopでんきよりお得な新電力はないと思います。

1ヶ月試してみてもし安くならなければ元の電力会社に戻せばいい話ですよね。

申し込んだ後にすぐに解約している人の口コミがないのはサービスに満足されている証拠と言えます。

 

人気No.2:きらめきでんき

Looopでんきやエゾデンと同じく、一律の料金体系を採用しているきらめきでんき。

基本料金も北海道電力と比べて安いのですが、安さでは一歩及びませんでした。

電力使用量がwebで確認できるサービスもありますが、それ以外に目立った割引やサービスなどはありません。

シンプルで好印象ですが、人によっては物足りないと感じてしまうかもしれません。

 

人気No.3:楽天エナジーまちでんき

電気使用量10kWhごとに楽天ポイントが1ポイント。

さらに楽天カードで電気料金を支払う100円ごとに1ポイントがたまります。

たまった楽天ポイントは電気料金の支払いに使うこともできるので、楽天をよく利用するという方にはメリットが大きいでしょう。

基本料金と120kWhまでの従量料金は北海道電力と同じなので、楽天も利用しない、電気もあまり使わないという方はほとんどお得になりません。

 

人気No.4:北海道ガス

契約プランが1~2人暮らしの方にお勧めです。

北海道ガスの電気料金プランは、10A~20Aの低アンペア契約も可能で、120kWhまでの電力量単価のみ地域最安レベルになります。

ま た、北ガスグループのガスを使用している方は、電力量料金に対し1~3%の付帯割引が適用されます。

北海道ガスの電気契約に解約金や事務手数料などもありません

 

人気No.5:オカでん

オカでんのホームライフプランは、LPガスとのセット契約や灯油の配達サービスの併用により、基本料金と電力量単価ともに地域最安レベルの料金設定になります。

オカモトの灯油とLPガスを利用されているご家庭には特にお勧めです。

ちなみに、電気だけの契約プランでも、基本料金と電力量単価ともに北海道電力よりも安価になります。

電気・灯油・LPガスをまとめての料金支払いも可能で、セット契約にありがちな違約金や解約金などの面倒ごとがないのもオカでんの魅力です。

株式会社オカモト エナジーマーケティングカンパニーは全国70店舗のセルフスタンドを展開しており、十勝や北見ではLPガスと灯油の配達サービスの提供、その他14地域でも灯油の配達サービスを行っています。

 

スポンサーリンク

人気のLoop電気と北電を徹底比較してみた

電気代 比較 北海道

上記では口コミ堂々1位にランクインしたLoop電気について、実際どのくらいの節約につながるのかを最後にご紹介していきます。

世帯別なのでご自身の家庭と比較しやすいと思います。

 

基本電気料金を比較

上記でもご紹介した通りLoop電気の基本料金は0円です。

  • 北海道電力基本料金10A 334.80円
  • 北海道電力基本料金15A 502.20円
  • 北海道電力基本料金20A 669.60円
  • 北海道電力基本料金30A 1004.40円
  • 北海道電力基本料金40A 1339.20円
  • 北海道電力基本料金50A 1674.0円
  • 北海道電力基本料金60A 2008.80円

 

  • 電力量料金第1段階(120kWhまで)Loop電気:29円
  • 電力量料金第1段階(120kWhまで)北電:23.54円
  • 第2段階(120kWhを超え280kWhまで)Loop電気:29円
  • 第2段階(120kWhを超え280kWhまで)北電:29円
  • 第3段階(280kWhを超えたもの)Loop電気:29円
  • 第3段階(280kWhを超えたもの)北電:33.37円

第1段階は北海道電力の方が安いですが、第2、第3段階になるとLooopでんきの方が安くなります。

よって、第2、第3段階の料金の占める割合が高い「電気をたくさん使う家庭」ほどLooopでんきのほうがお得ということになります。

 

海道電力は電気を全く使わなかったとしてもお金がかかりますが、Looopでんきは0円。

そのため、別荘や空き家、また長期不在などの場合には電気代を払わずに済みます。

 

世帯別シュミレーション比較

【一人暮らし想定 1か月150kWh】

年間1800kWh使用のご家庭がLooopでんきへ切り替えた場合

30A 北海道電力 Looopでんき
1か月 4721円 4350円 371円お得
年間 56650円 52200円 4450円お得

引用:https://denryokujiyuuka.net/2018/07/08/looop

Looopでんきに切り替えると年間4400円程お得となります。

 

【2~3人暮らし想定 1か月300kWh】

年間3600kWh使用のご家庭がLooopでんきへ切り替えた場合

30A 北海道電力 Looopでんき
1か月 9252円 8700円 552円お得
年間 111022円 104400円 6622円お得

Looopでんきの方が年間約6600円お得になります。

 

【3~4人暮らし想定 1か月400kWh】

年間4800kWh使用のご家庭がLooopでんきへ切り替えた場合

30A 北海道電力 Looopでんき
1か月 12589円 11600円 989円お
年間 151066円 139200円 11866円お得

Looopでんきの方が年間約11000円お得になります。

 

【5~6人暮らし想定 1か月500kWh】

年間6000kWh使用のご家庭がLooopでんきへ切り替えた場合

30A 北海道電力 Looopでんき
1か月 15926円 14500円 1426円お
年間 191110円 174000円 17110円お得

Looopでんきの方が年間約17000円お得になります。

北海道電力で40A、従量電灯B契約から新電力Looopでんきに切り替わって1ヶ月余。

今日、料金比較が可能になり、330kwh使用で北電より1,018円安いという結果が出ました。

北電の1月分の燃料調整費や再生エネ賦課金も計算に入れての結果です。

ほぼ期待通りで嬉しいです。

 

北海道電力電気代たかくない?

looopでんきに変えたら年万単位で安くなりそう。

と言う口コミなどたくさんSNS上にもあがっていますね。

Loop電気では、無料でシミュレーションもできるので、現在の検針票を元に試算してみて下さい。

 

北海道電力との電気代比較!人気の電気プランまとめ

電気代 比較 北海道

この記事では、北海道電力の基本的な料金プランと他の電力プランとの比較、口コミなどをご紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

ピンとくる電力プランは見つかりましたか?

 

自分のライフスタイルにはこの電気プランがいいなと目星をつけた方もいらっしゃることでしょう。

解約金など発生しない会社お多数ありますので、一度試しに切り替えてみるのも手間を惜しまず是非やってみて下さいね。

一度ぴったりのプランが見つかれば、何も動かずとも節約につながるわけですから!!

この記事が皆さんの節約につながれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。