固定費とは何か?変動費との違いや科目の配分を徹底解説!

固定費とは何か 変動費 科目

経営者や経理などの数字を扱う仕事をしている方であれば、『固定費』『変動費』という言葉は聞いたことがあると思います。

会社や家計における『固定費』『変動費』とは一体何でしょうか?

家計簿や会社の帳簿でどの科目に該当するのか分からないと言うケースは多々ありますよね。

 

実は、この変動費や固定費と言うのは、一般的な財務諸表(損益計算書)には表記されていません。

財務分析などの管理会計(いわゆる経営のための会計)で使用される考え方になります。

ですので、意識したことがない人にとっては、

  • 何が変動費?
  • 固定費とは何か?
  • どこを見れば分かるの?

と感じるのです。

 

そこで、この記事では会社の損益分岐点を算出する際に出現する固定費とは何か、変動費とは何か?どの科目に該当するのか?などの疑問を解消していきます。

大きな負担となる固定費の削減・節約方法も合わせてご紹介していきますのでご活用下さい。

 

スポンサーリンク

固定費と変動費は損益分岐点を求める際に必要

固定費とは何か 変動費 科目

企業の内部統制として用いられる管理会計について勉強をしていると、損益分岐点という言葉がよく出てきます。

どのような点で、どのように利用することができるのでしょうか。

 

損益分岐点=利益ゼロが達成されるところを指しています。

会計の基本目的は、利益を計算することです。

このことについては皆さん理解できますよね。

利益、つまり所定の期間(通常は一年間で計算)においてどれだけの儲けが出たのか?を計算したいのです。

その利益は次の算式により計算されます。

 

利益の計算式

利益=売上高-費用

例えば、売上高が3,000万円で費用が2,500万円であれば、利益は500万円です。

営利企業における一つの目的は、この利益を最大化することにあるとされています。

企業は、最低でも損益分岐点に到達するだけの売上を獲得していれば、現状維持をすることができるということですね。

 

損益分岐点の計算式

損益分岐点=固定費÷{1―(変動費÷売上高)}

こちらが損益分岐点の計算式です。

ここで出てくる『固定費』と『変動費』とはどういったものなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

固定費と変動費の違い

固定費とは何か 変動費 科目

事業に必要な経費は、売り上げにともない変化するかどうかによって『変動費』と『固定費』の二つに分けられます。

以下では、この二つの違いについてご説明します。

 

企業の固定費

固定費は生産量や販売量の増減に関わらず一定にかかる経費のことを言います。

『不変費』と呼ばれることもあります。

具体的には、

  • 人件費
  • 減価償却費
  • 事務所賃料
  • 光熱費
  • PCソフトのリース料
  • 広告宣伝費

が固定費にあたる主な経費です。

人件費には、社員の給与や賞与だけではなく福利厚生費や通勤交通費、退職金なども含まれます。

 

企業の変動費

一方の変動費とは、売り上げ(生産量・販売量)に比例して増減する経費のことを言います。

『可変費』と呼ばれることもあります。

具体的には、

  • 原材料費
  • 仕入原価
  • 販売手数料

などが変動費にあたります。

人件費は一般的には固定費となりますが、派遣社員や契約社員の給与、残業手当などは変動費とみることもできます。

 

スポンサーリンク

固定費と変動費を分解する『中小企業の原価指標』一覧

上記では固定費と変動費の具体例を挙げましたが、実際に損益計算書や製造原価明細書の費用の科目を見てみると、変動費とも固定費ともいえない費用がたくさん見受けられます。

例えば、

  • 販管費に含まれる給与手当
  • 宣伝広告費
  • 交際費
  • 製造原価明細書に含まれる労務費や電力費

などは純粋な変動費とも純粋な固定費とも言えません。

どちらともいえない費用は全ての費用の中でかなりの部分を占めます。

 

ところが、損益分岐点を求めるためには一定の方法でこれら費用を変動費と固定費とに分類しなければなりません。

そこで中小企業庁の『中小企業の原価指標』に記載されている固変分解の基準を利用した一覧をご紹介します。

 

製造業

固定費
  • 直接労務費
  • 間接労務費
  • 福利厚生費
  • 減価償却費
  • 賃借料
  • 保険料
  • 修繕料
  • 水道光熱費
  • 旅費
  • 交通費
  • その他製造経費
  • 販売員給料手当
  • 通信費
  • 支払運賃
  • 荷造費
  • 消耗品費
  • 広告費
  • 宣伝費
  • 交際・接待費
  • その他販売費
  • 役員給料手当
  • 事務員(管理部門)・販売員給料手当、支払 利息、割引料、
  • 従業員教育費
  • 租税公課
  • 研究開発費
  • その他管理費
変動費
  • 直接材料費
  • 買入部品費
  • 外注費
  • 間接材料費
  • その他直接経費
  • 重油等燃料費
  • 当期製品知仕入原価
  • 当期製品棚卸高―期末製品棚卸高
  • 酒税

 

卸・小売業

固定費
  • 販売員給料手当
  • 車両燃料費(卸売業の場合50%)
  • 車両修理費(卸売業の場合50%)販売員旅費
  • 交通費
  • 通信費
  • 広告宣伝費
  • その他販売費
  • 役員(店主)給料手当
  • 事務員(管理部門)給料手当
  • 福利厚生費
  • 減価償却費
  • 交際・接待費
  • 土地建物賃借料
  • 保険料(卸売業の場合50%)
  • 修繕費、光熱水道料
  • 支払利息
  • 割引料
  • 租税公課
  • 従業員教育費
  • その他管理費
変動費
  • 売上原価
  • 支払運賃
  • 支払荷造費
  • 支払保管料
  • 車両燃料費(卸売業の場合のみ50%)
  • 保険料(卸売業の場合のみ50%)

注:小売業の車両燃料費、車両修理費、保険料は全て固定費

 

建設業

固定費
  • 労務管理費
  • 租税公課
  • 地代家賃
  • 保険料
  • 現場従業員給料手当
  • 福利厚生費
  • 事務用品費
  • 通信交通費
  • 交際費
  • 補償費
  • その他経費
  • 役員給料手当
  • 退職金
  • 修繕維持費
  • 広告宣伝費
  • 支払利息
  • 割引料
  • 減価償却費
  • 通信交通費
  • 動力・用水・光熱費(一般管理費のみ)
  • 従業員教育費
  • その他管理費
変動費
  • 材料費
  • 労務費
  • 外注費
  • 仮設経費
  • 動力・用水・光熱費(完成工事原価のみ)運搬費
  • 機械等経費
  • 設計費
  • 兼業原価

 

ママ

これらを利用すれば比較的簡単に固変分解を行えます。

是非試してみて下さいね。

パパ

ただし、精度を高めたい場合は一つ一つ仕分けをすることをおすすめするよ。

 

スポンサーリンク

固定費と変動費の家計における分類は?

固定費とは何か 変動費 科目

結婚を機に家計簿をつけようと挑戦してみたけれど、『項目がどれに該当するのかよく分からない』とお悩みの方もいるかもしれません。

上記では企業における『固定費』『変動費』をご紹介しましたが、これらを家計に置き換えてみるとどのような分類になるのでしょうか。

家計における分類科目を説明します。

 

家計簿での固定費

家庭から出て行くお金(支出)のうち、毎月必ず支払わなければならないお金です。

多少の額の変動はあっても、銀行引き落としなどで必ず出ていくお金と考えればいいでしょう。

  • 家賃
  • 各種ローン返済
  • 光熱費
  • 通信費
  • 学費
  • 習い事の月謝

などが含まれます。

必須の支払い項目で自動で引き落とされることが多いため、節約できるポイントに気づきにくいカテゴリでもあります。

 

家計簿での変動費

支出のうち、毎月のように額の変動があるお金です。

  • 食費
  • 日用品
  • 交際費
  • 美容費
  • 被服費
  • レジャー費
  • 趣味娯楽費

などが含まれます。

少し我慢することですぐに節約効果が出やすい項目が多いのも特徴です。

 

固定費の求め方はアプリならかんたんに管理できる

固定費とは何か 変動費 科目

皆さんはどんな家計簿を使ってますか?

月々の固定費が定額なら毎回記入・入力する手間が省けると便利ですよね。

そこで、そんな痒い所に手が届く快適アプリをご紹介します。

 

iPhone版

Zaim

固定費とは何か 変動費 科目

800 万ダウンロードを超える日本最大級の無料オンライン家計簿です。

テレビや新聞、雑誌で数多く紹介ていますので、既に利用している方もいるかもしれません。

固定費の管理どころか、ローン返済表の自動生成、収や家賃などから無理のない支出をおすすめするバランス診断などの機能もあります。

 

マネーフォワード

固定費とは何か 変動費 科目

見える化だけでなく、家計の管理や改善をサポートしてくれる充実アプリ。

  • 銀行の残高不足や、クレカの使いすぎなどをおしらせ
  • クレカの次回引き落とし情報をまとめて管理
  • 予算機能で今月使えるお金をチェック

このような機能もあり、このアプリに任せておけば節約になりますね。

 

おカネレコ

固定費とは何か 変動費 科目

400万人が使う人気のかんたん家計簿アプリです。

予算と収支バランス、残高繰り越し機能と、レシート読込後の一括編集画面に全選択ボタンと支払方法など、ユーザーの声にこたえる形でどんどん改善されていてとても評判なので、試してみて下さい。

 

Andoroid版

かけ~ぼ

固定費とは何か 変動費 科目

家計簿アプリ初心者でも簡単に入力ができ、グラフで分析出来るようになっています。

毎日の収支を入力するだけではなく、日別表示、月間表示、円グラフ表示機能があり視覚的にとても分かり易くて有り難い!

 

カナヘイの家計簿

固定費とは何か 変動費 科目

家計簿をつけるとストーリーが進む!

”楽しめる家計簿”なので長続きしますよ。

 

貯まる家計簿

固定費とは何か 変動費 科目

3日坊主の人でもこれなら大丈夫。

  • シンプルな入力画面、
  • 豊富な機能、
  • わかりやすいアイコン

など、続けられる工夫が満載です。

今まで続かなかった家計簿が長続きしているととても評判がよいアプリ!

 

最近は様々なアプリが登場していますが、使えば使う程楽で視覚化出来るアプリはありがたいですね。

全て無料なので自分にあったアプリを探してみて下さい。

 

固定費の企業における削減方法

賃料の交渉

企業なら今後人が増えることを前提に引っ越しを検討することも多々あるでしょう。

スタッフの通勤を考慮すると、都会から郊外に事務所移転と言うわけにもいきません。

そうなると、物件が広くなれば自ずと家賃もあがります。

まずは、新たな物件を探す前に、今の事業所の家賃交渉をしてみましょう。

先手先手で動くのは否定しませんが、固定費削減と言う視点からはまずは現在の家賃交渉をしてみてはどうですか?

案外、物件も古くなってきたし、これまで滞納もなく賃料を支払ってくれているしと言う理由から数パーセントの交渉ならまとまるかもしれません。

 

外注の活用

季節差がでる業務の場合、内部に人を抱えるよりは、外注に頼ることで年間トータルでコスト圧縮に繋がる場合があります。

良い取引をできる外注業者は一朝一夕で見つかるものではありません。

しかし、その後何十年もよいお付き合いになる可能性があるため、長期スパンで考えるようにしましょう。

 

銀行との金利交渉

融資を受けている銀行と金利交渉をすることはタブーでも何でもありません。

設備投資が大きい事業は借入金額も大きくなります。

金利によっては月次支払い金利が何十万円も変わることがあるため、粘り強い交渉が必要です。

 

機械導入前にロット管理の見直し

設備投資で高額な機械導入に踏み切る理由は様々です。

生産性を上げたい場合、機械の稼働時間とコストを見直してみてはどうでしょうか。

二交代制や三交代制を導入した方が、生産性をあげてコストを圧縮できる場合もありますよ。

 

ママ

固定費の削減は、細かい金額の積み重ねと企業・工場にとては粘り強い交渉が必要かもしれないわね。

パパ

しかし、一度その交渉が成立すると継続的な固定費の削減・節約になるので、見直してみるのはおすすめなんだよ。

 

固定費の家計における削減方法

固定費とは何か 変動費 科目

個人でも企業でも節約しようと考えるのであれば、真っ先にやるべきことは毎月出ていくような固定費の削減です。

一度見直しをすると、翌月からは手間がかからないと言うパターンが多いですよ。

では、家計の場合、企業の場合などかかる固定費も違いますので、ここに見ていきましょう。

 

住宅費

まずは、賃貸の場合ですが、家賃の見直しからしてみましょう。

家計に対し住宅費の比重が大きい場合は、目先一時的には引っ越し費用や初期費用がかかりますが、長い目でみると大幅な節約になります。

仮に家賃が月に2万円安くなったとしたら、年間で24万円も節約は大きいですよね。

 

車両費

家賃と同様に家計を圧迫するのが車両費です。

賃貸の場合なら駐車場も必要でしょう。

また、車両は使用しなくても自賠責保険、任意保険、車検代は必要です。

レンタカーも都心部では様々なサービス形態で展開されていますので、車両の利用頻度が少ない、レンタカーで十分と言う場合は思い切って手放してみてはいかがですか?

 

スマホの乗り換え

こちらも現在ソフトバンク、au、docomoのキャリアでスマホを契約している方は、格安SIMに契約変更してみましょう。

同様のサービスを受けながら、半額以下になりますよ。

現に筆者もdocomoから格安SIMに変更し、半額以下になりました。

何の問題もなく3年使用しています。

現在は、その安さから家族、友達などにもどんどんすすめているところですよ。

 

何か一つでも構いません。

車はどうしても必要ならば、まずてっとり早くスマホから手をつけてみませんか?

 

固定費や変動費の求め方がわかったら削減・節約に役立てよう

固定費とは何か 変動費 科目

この記事では、会社の損益分岐点を算出する際に出現する固定費とは何か、変動費とは何か?どの科目に該当するのか?また、その節約方法をご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

 

家計、企業、工場それぞれに大きなウェイトを占める固定費。

その内容は個々によって違いますが、大きくは住宅、車両、通信費など月々固定でかかるものであることが分かりました。

それらは一度契約すれば、その後長期に渡り見直しがなされません。

 

ママ

しかし、その一度の手間をかけることで家計なら月々数万円以上の節約になることだってあり得るのよね。

パパ

そうだね!ということは、会社・工場ならケタが違ってくるってこと

 

短期的には固定費の削減は企業業績の改善にしかすぎないかもしれませんが、中長期的には、企業の寿命にも影響する事柄かもしれません。

まずは、無理のない出来る項目から固定費の削減・節約にとりかかってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。