食費の平均は一人暮らしでいくらが妥当?節約術やレシピを一挙公開!

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

月々食費の平均は一人暮らしだといくらが妥当なのでしょうか?

買い物する度に自分のお財布からお金が出ていくので食費の増減は実感しやすいところですよね。

大体食費の目安は家計収入の15%と言われています。

 

例えば、

  • 18万円の収入なら2.7円。
  • 20万円の収入なら3万円。
  • 30万円の収入なら4.5万円。

皆さんのご家庭と比較していかがですか?

何とかこの範囲内に収めたいと言っても、きちきちに食材をけちって健康を害しては本末転倒。

健康にガイを及ぼさない程度の節約術やレシピはあるのなら知りたいですよね。

 

そこで、この記事では一人暮らしの食費平均はいくらなのか、節約術や節約レシピをご紹介していきますので、是非お役立て下さい。

 

スポンサーリンク

『食費の平均』一人暮らしで五千円!?出来ないことはないけれど・・・

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

お米は5kgだとスーパーで2,000円程度で売られています。

残りの食費3,000円でやりくりと言うことになるのですが、果たして可能でしょうか。

単純に一日100円しか食費に充てられません。

100円だとレタス一玉も買えませんよね。

一週間分まとめて買うとしても700円分しか購入出来ません。

 

時々テレビで貧乏学生の食費節約生活などと銘打って小麦粉を使った安価なレシピなどが放送されていますが、決しておすすめできるものではありません。

栄養価を度返ししたレシピなので、健康を害してしまい食費5千円どころか不調をきたすでしょう。

結果、病院へ行くこととなり医療費がかかり、これでは本末転倒です。

  • お米を実家から送ってもらえる。
  • 野菜を買わなくてよいほど分けててもらえる。
  • 野菜は自給自足している。

などと言うケース以外は、決しておすすめしません。

 

スポンサーリンク

『食費の平均』一人暮らしで一万円は可能?

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

食費は、毎日外食していれば一人暮らしでも5万、6万とかかってしまいます。

ところが、毎食自炊をし、更に節約を意識することで1か月の食費を数千円にまで落とす猛者もいるとか!

自炊しない場合の理由として

  • 一人暮らしだと食材が使いきれず腐らせてしまう。
  • 冷蔵庫に入りきらずまとめ買い出来ない。
  • 毎日仕事の後に調理するのがしんどい。

が大半だと思います。

しかし、食費を1万円に収めるためには、これらの関門を全てクリアしていかなければ達成出来ない数字なのですよ。

では、どうすればよいのか?

みていきましょう。

 

安い主食を選ぶ

毎日・毎食食べる主食は少しでも安価なものを選び、コツコツドカンを目指します。

お米が安いのか、パンが安いのか、天候や海外との関税にもよって大きく値段設定は異なるでしょう。

普段から食材の値段を把握するようにしておきましょう。

 

卵をたくさん食べる

食事に欠かせない栄養素の一つがたんぱく質。

タンパク質は他にも肉類から摂取することが出来ますが、節約と言う観点からすると毎食牛肉を買うわけにはいきません。

卵は10玉200円程度で販売されています。

卵もスーパーなどの特売日で時にこの4割引き程度で売られることもしばしば。

そういったタイミングを是非利用しましょう。

 

野菜は安い店で購入する

野菜は季節や天候によって値段の変動が激しいですよね。

お肉よりも野菜の方が高くなっていることも最近では珍しいことではありません。

キャベツ一玉400円、きゅうり一本80円と言う値札もよくみかけますよね。

そこで、無理してこういった食材をスーパーで買うのは避けましょう。

 

野菜はいつどこで買う?

野菜は

『どこで買うか?』と『「いつ買うか?』

によってかかる費用は大きく変わります。

 

スーパーで買うよりも大幅に安い八百屋さんが近所に無いか一度リサーチしてみましょう。

八百屋さんは、農家直送など独自の仕入れルートを持っていることもしばしば。

親しくなるとおまけをしてくれたり、スーパーでは体験できないお得なこともあるかもしれません。

 

まとめ買いをする

食材を買っても一人暮らしだと腐らせてしまうと言う場合は、使い方を工夫しましょう。

例えば、キャベツを1/2玉買ってお好み焼きを作ったとしましょう。

都度作るのではなく、1/2玉全て使いきってしまうのです。

お好み焼きを作り、余った分は冷凍保存しておきます。

料理をすると食材のかさもグンと減り、一人暮らし用の容量の小さな冷蔵庫でもきっちりおさまりますよ。

 

それでも10,000円となると毎日333円計算です。

食材も大根の葉もご飯に炊き込んだり炒めたり無駄にしないなどの工夫をしながらでも、なかなか達成できるレベルではなさそうです。

徹底した日々の節約が肝となりそうです。

 

スポンサーリンク

『食費の平均』一人暮らしで二万円は適正レベル?

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

総務省の調べによると、単身世帯の食費の月額平均は約43,000円となっています。

しかし、現実問題この数字はどうでしょうか。

一日で計算すると約1,400円くらいになりますよね。

人によっては、コンビニで朝ごはん、お昼は同僚とランチ、夜はラーメンでこれでも切り詰めている!と怒り出すかもしれませんが、毎日それなら使い過ぎで、半分以下に抑えられます。

と言うことは、20,000円は十分クリア出来る数字と言うことです。

 

仮に、毎朝コンビニでコーヒーとサンドイッチ、時にはおにぎりなどを買ったとしましょう。

毎日400円程度の支払いとなります。

400円×30日=12,000円です。

43,000円-12,000円=31,000円となり、残り21,000円をうまく工夫して節約すればよいのです。

 

ではどのように工夫すればよいか?

食費を節約するのに最も有効な手段は、何といっても自炊です。

 

一度に大量に作って保存には『カレー』『シチュー』がおすすめ

大量に食材を購入して、大量に作るのがおすすめです。

一人暮らしと言うことなので、フルタイムや学生さんが多いでしょうから、休日にまとめ買い作り置きをしてしまいます。

安価な食材で大量に作りやすいのが『カレー』や『シチュー』です。

同じ具材でルーを買えるだけで完成してしまいます。

今は優秀な保存容器が沢山販売されていますので、一食分毎小分けして冷凍保存しておきましょう。

 

安くてボリュームがある食材を選定する

食費を抑えることはイコール満腹感を保つことが大事です。

そこで、値段の割にボリューム感満載の食材を選ぶことも重要ですよ。

その最たる食材は、うどん、食パン、もやし、キャベツ、白菜、納豆、豆腐、鶏肉などです。

鶏肉の中でも胸肉はもも肉の3割程度安くで買えますし健康面でも脂肪分が少なうお勧めです。

 

バイトのまかないは出来る限り食べて帰ろう

飲食店でアルバイトをしている一人暮らしの場合、まかないは食べて帰りましょう。

まかないは店舗で提供しているメニューが殆ど。

そのお値段は店舗におよりますが、節約中にはなかなか手の出るものではありません。

有り難く頂き、きっちり一食分を浮かせましょう。

800円のまかないだとして、これを友達とのランチに代用したとしましょう。

800円×週3回=9.600円

の計算です。

このようなやりくりで残りの21,000円は埋められると思いますよ。

カレーやシチューには沢山野菜を使用しますし、これは案外健康的な数値設定ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

『食費の平均』一人暮らしで三万円は贅沢だった?

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

食費の目安は家計収入の15%と冒頭でお伝えしました。

では、30,000円円はと言うと、月々の収入が200,000円の場合です。

つまり、一般的な数値た30,000円と言うことになります。

 

なので、決して贅沢な数字ではありませんし、誰でも比較的簡単に達成出来るレベルと言うことですね。

ポイントはこれ!
30,000円となると食材の選定は基より、外食の有無に大きくかかってきます。

毎日1,000円以内でやりくりすればすみますから、自炊をしていればそう難しい数字ではないのです。

ところが、一回でもランチに出ると1,000円程度のパスタに食後のドリンクを付けて、またはパン食べ放題やケーキセットにしてなど1,700円程度はザラですよね。

これを月に3回程度繰り返すとあっと言う間に5,000円になってしまい、残った食費2,5000円でのやるくりになるわけです。

5,000円あればどれほどの食材が購入出来ますか?

外食を控え自炊することで30,000円は十分達成出来そうですよ!

 

『食費の平均』 一人暮らし 自炊と外食どっちが高い? 実際検証結果

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

上記ではとにかく『自炊』することが大切だとお届けしてきました。

それでは、実際どれほどの節約効果があるのか!?

実際の実験結果をご紹介していきます。

 

  • 1カ月完全自炊した場合⇒2,500円
  • 1カ月お惣菜なども購入しながら基本的に自炊した場合⇒25,000円
  • 1カ月外食した場合⇒35,000円

 

やはり自炊が一番食費を抑えられますね。

旬のものを安く美味しく食べることが出来ますし、調理には時間がかかりますがまとめ買いしておけば、毎回作る必要もありません。

料理がとことん苦手と言う場合は、完全自炊は難しく頑張ってもお惣菜が混ざってしまうでしょうか。

そして、やはり外食は時間をお金で買うと言うことですね。

 

一人暮らしを始めたばかりでどのように手を付けたらよいのか、と言う方もいるでしょう。

自炊をして食費節約に繋げるためには、手間と労力が必要になります。

料理に慣れるまでは、お惣菜、お弁当を交えながら、無理なく食費を節約することが長続きできるポイントとなりそうです。

何度も言いますが、頑張りすぎて健康を害しては本末転倒です。

くれぐれも無理のない長続きできる自分にあった方法を選択しましょう。

 

『食費の平均』一人暮らしならどこまで節約出来る?まとめ

食費 平均 一人暮らし 節約術 レシピ

この記事では一人暮らしの食費平均はいくらなのか、節約術や節約レシピをご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

 

一人暮らし向けの記事なので、本気の読者には単身で今後結婚を控えていると言う若い世代の方も多いでしょう。

生活をコンパクトにして少しでも貯蓄へ回すと言う努力や気持ちは大事です。

だた、食費のきりつめばかりに躍起になっているな、自分が行き過ぎているな、と感じた時は今一度家計全体を見てみましょう。

トイレットペーパーの購入先を変えてみたりする方がぐっと簡単に費用を抑えられるかもしれません。

極端に無理な節約はNGです。

極端な節約をすると、栄養バランスが偏ってしまうことになります。

 

食費がかかり過ぎていると言う方は、まずは3割減を目指しましょう。

ある程度でおさまっていると言う方は、家計収入の15%以内を目指しましょう。

と、少しずつスローペースを維持しながらチャレンジしてみて下さいね。

 

自炊を始めると、季節の野菜を知ることが出来たり、旬なものを美味しく頂く機会にもなりますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。