ふるさと納税限度額の早見表・シミュレーションでわかりやすいのはどこ?

ふるさと納税,限度額,早見表,シミュレーション

ふるさと納税の限度額を調べるときの早見表・シミュレーションで、本当に便利で分かりやすいサイトをポイントとともにご紹介しています。

ふるさと納税をするためには、シミュレーションが必須ですね。ネット上には早見表もたくさん公開されています。

ご自分の限度額はもうご存知ですか?

  • なんだかちょっとめんどくさそう。
  • 専門用語が沢山で難しい。
  • 控除がどうとか、よく分からない。

そんな方もいるんじゃないでしょうか。

ふるさと納税の限度額の早見表・シミュレーションサイトはたくさんありますが、実はやりにくいもの、用語が複雑なもの、条件によってはシミュレーションできないものもあるんです。

そこで、今年もせっせと寄付している私が、本当にやりやすいシミュレーションサイトを、その理由とともに紹介します!

 

スポンサーリンク

ふるさと納税限度額の早見表でシミュレーションがおすすめ!

ふるさと納税をするには、まずは自分の限度額を知らなければなりません。

限度額の算出には、早見表やシミュレーションといった方法があります。

 

早見表はその名の通り、条件によって限度額を表にしているものです。

多くは年収と家族構成の2つの要素で限度額を算出し一覧表にしたもので、そこから自分の条件に合う箇所を探すやり方です。

 

そしてシミュレーションは、自分で条件を直接入力するとオンラインで計算できるものです。

 

ではここから、本当にやりやすいシミュレーションサイトのポイントを紹介していきますね。

 

おすすめのサイトの基準は?

限度額のシミュレーションをできるだけ簡単に、でもしっかりやりたいときにはどんなサイトを選んだらいいでしょうか。

おすすめのサイト基準を解説していきます。

 

<おすすめサイトの基準>

  • 源泉徴収票がないときに早見表や簡単バージョンを使える

 

  • 扶養者の有無は選べた方が良い
  • 収入と所得が曖昧なものは避ける
  • 入力項目が少なすぎるものは避ける

 

源泉徴収票がないときは早見表や簡単バージョンを使える

ふるさと納税の限度額シミュレーションを詳細に調べるためには、何はなくとも必要なものがあります。

それは、源泉徴収票

これがないと始まりませんので、まずは手元に用意したいです。

 

が、源泉徴収票がないときもありますよね。

そんなときに便利なのか、早見表やシミュレーションの簡単バージョンです。

 

基本的にどのサイトでも、

  • 年収
  • 家族構成

の2つの情報だけで限度額のシミュレーションができるようになっています。

そして、これを年収別、家族構成別に一覧にしたものが早見表です。

入力もほとんどなく、一目で限度額が分かるのでとても便利です。

 

おすすめなのは、早見表や簡単シミュレーションを使う場合、詳細なシミュレーションもできるサイトを選ぶこと。

 

なぜかと言うと、それぞれのサイトによって、入力しない裏の仮定条件が全然違っているからです。

そもそもふるさと納税の限度額計算はとても複雑で、個人の条件によって細かく違ってきます。

ですので、シミュレーションサイトはある程度ざっくりと条件を仮定して計算しています。

例えばサイトAでは、シミュレーションの裏で住宅ローンを適当な数値を当てはめて計算しているけれど、サイトBでは考慮に入れていない、など。

 

ここで、簡単シミュレーションはサイトAを使って、源泉徴収票が用意できたので詳細シミュレーションをサイトBでやったら全然違った、ということもありえます。

 

シミュレーションするたびに限度額がバラバラだと困りますので、ある程度一貫性を持ってサイトを使うことをお勧めします。

 

扶養者の有無は選べた方が良い

詳細シミュレーションをする際、サイトによって扶養者や配偶者の有無を選べるものとそうでないものがあります。

ここは絶対に、選べるサイトを使った方がいいです。

 

選べない場合、多くは配偶者控除・扶養者控除をあらかじめ含んだ条件で計算されています。

ふるさと納税をする世帯はファミリーが多いと仮定しているのでしょうね。

 

でも今の世の中共働きも多いですし、子供がいない家庭や、独身、子供たちが独立して夫婦だけの家庭もありますから、この基本的な情報を自分で設定できないなのは困ります。

 

シミュレーションする際は、扶養者・配偶者の有無を選べるものを使いましょう。

 

収入と所得が曖昧なものは避ける

さて、ふるさと納税のシミュレーションでは、それぞれの欄に数値を入力していくわけですが、注意が必要なのが、一番最初に入力する『給与収入』です。

 

言葉の問題ですが、ややこしいのが『給与収入』と『給与所得』。

これらは全然別物です。


給与収入 ≠ 給与所得


 

まずは『給与収入』について。

 

限度額シミュレーションでは、ほとんどのサイトで『給与収入』を入力します。

「給与収入」は別の言い方をすることもあり、「総収入金額」とか「年収」とかサイトによって言い方は様々。

これらは全部同じものを表していて、すべて『年間に会社から支払われる総金額』のことです。

一般的に「年収」と呼ばれるものですね。

源泉徴収票では『支払金額』に当たります。

 

一方で、『給与所得』について。

 

給与所得は給与収入(年収)から給与所得控除が差し引かれた金額のこと。

給与所得控除とはサラリーマンの必要経費とみなされるもので、簡単に言うと、スーツ代とかクリーニング代とか日々の会社員生活に色々とかかってくるものを経費とみなしましょう、これら経費を差し引いた金額(給与所得)に税金をかけていきますからね。という仕組みのものです。

源泉徴収票では、『給与所得控除後の金額』に当たります。

 

ということで、『給与収入』と『給与所得』は全然違います。

なぜこの違いに注意が必要かというと、シミュ―レーションサイトによってこれがとっても分かりずらいものがあるからです。

 

給与収入のつもりで給与所得と書かれていることもあります。

収入と所得とは本来違うものですが、これらが入り混じって表現されていたりします。

 

さらにややこしいサイトでは、

  • 給与所得(年収) = □□□ 円

と書かれているものもあったりします。所得なの?年収(収入)なの?どっち?!と言いたくなります。

 

多分『給与収入』のことを指してるじゃないかな?とアタリを付けることはできますが、それでシミュレーションしてもなんだかスッキリしませんよね。もしかしたら間違ってるかもしれないし・・と考えてしまいます。

また、「このサイトを作った人、給与収入と給与所得の違いを知らないんじゃ・・・」と信頼性も落ちてしまいます。

 

ですので実際シミュレーションするときは、『給与収入』と『給与所得』の違いをしっかり識別できるサイトを使うことをおすすめします。

 

入力項目が少なすぎるものは避ける

入力項目が少なすぎるものも問題です。

一見簡単(実際手間が少ないので簡単)に見えますが、条件入力が少ないということは、それだけ信頼性も落ちます

 

本来は税理士に依頼をしなければ分からないくらい複雑なものですが、せめて源泉徴収票に記載されている数字くらいは入力したいものです。

どうせ手元に源泉徴収票があるのですから、それほど手間でもありませんよね。

 

  • 支払金額or給与所得控除後の金額
  • 配偶者の有無
  • 扶養家族の有無
  • 社会保険料の金額
  • 生命保険料の控除額
  • 地震保険料の控除額
  • 住宅借入金控除の額

 

このあたりは是非とも入力したいところです。

 

見るべきポイントや注意点は?

では、実際にシミュレーションするときに、どういうポイントに注意すればよいでしょうか。

これも、しっかりと見るべき点があります!

 

<シミュレーションする際の注意点>

  • 住宅ローン控除は注意が必要
  • 退職・不動産売・相続がある場合は使えない
  • シミュレーションはあくまで参考値

 

住宅ローン控除は注意が必要

住宅ローン控除を受けている人の中で、ある条件の場合、限度額シミュレーションができないことがあります。

それは、住宅ローン控除で所得税がゼロになる人。

 

住宅ローン控除は、住宅を購入してから10年間、年末ローン残高の1%が確定申告することで所得税から控除される減税措置です。

例えば3,000万円のローン残高の場合、30万円が所得税から引かれます。

もしその人の所得税が30万円以下であれば、住宅ローン控除を受けると所得税がゼロ以下になりますよね。

 

ゼロを下回った分は住民税から控除されることになるのですが、こういったイレギュラーな場合、シミュレーションがうまくできない場合があります。

 

「うちは買ったばっかりだから住宅ローン控除いっぱい受けられるんだよね」

という方は、シミュレーションの際には注意が必要です。

 

退職・不動売却・相続がある場合は使えない

退職金をもらった・遺産を相続した・不動産を売却した、という人はシミュレーションは使えない場合があります。

通常の税額計算ではなくなる可能性があるため、個別に税理士に計算してもらった方がいいでしょう。

 

上記のような場合を『分離課税』と言い(普通の課税を『総合課税』と言う)、以下のものがそれに当たります。

  • 利子所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 配当所得(源泉分離課税に該当しないもの)
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得(株式・建物・土地など)

(出典;zeiri4.com)

 

分離課税にあたる所得がある場合、通常とは税率が違ってきます。

これらの所得が増えると所得税・住民税も増え、結果ふるさと納税の上限も上がる可能性もあります。

こういったケースは通常のシミュレーションではできませんのでご注意ください。

 

シミュレーションはあくまで参考値

最後に、シミュレーションで得た上限額は、あくまで参考値ということを忘れないようにしてください。

 

源泉徴収票で詳細にシミュレーションしたとしても、その源泉徴収は昨年のものですよね?

当然ながら今年はまだ終わっていませんので、今年の源泉徴収票はありません。

ふるさと納税をするのは今年で、ふるさと納税の還付・控除の対象となるのも今年の所得(住民税は来年)です。

 

とういうことは、去年の源泉徴収票でシミュレーションしても正しい値は出てきません。

とは言え、じゃあ今年の源泉徴収票があるかというとそうではないので、こればっかりは仕方ありません。

去年の源泉徴収票でシミュレーションするということは、去年ふるさと納税したときの限度額を調べている、ということを念頭においておいてください。

 

スポンサーリンク

ふるさと納税限度額の早見表でシミュレーションしやすいおすすめサイト一覧

ではここから、毎年ふるさと納税に励む私が選んだ本当に分かりやすい、やりやすい、シミュレーションサイトをご紹介します!

どれも本当におすすめですよ!

 

ふるさとチョイス

(出典;https://www.furusato-tax.jp/about/simulation#simulation-detail-link-pc)

 

ご存知『ふるさとチョイス』が提供するシミュレーションサービス。

限度額シミュレーションに必要な基本的なポイントは全て押さえたお手本のようなサイトです。

 

手元に源泉徴収票がなくても早見表や簡単バージョンですぐに調べられ、「よく分からないけど、とりあえず調べてみたい」という人には一番おすすめです。

用語の説明もそれぞれの項目に付いていて親切です。

 

<おすすめポイント>

  • 基本的にオールマイティー
  • 源泉徴収票の記載表現の解説がある
  • 簡単・詳細どちらのバージョンもある
  • 源泉徴収票、確定申告書どちらでもできる

 

<注意点>

  • 住宅ローン控除で所得税ゼロの場合は不可
  • 早見表がちょっと見ずらいので簡単バージョンがおすすめ

 

税理士法人エム・エム・アイ

(出典;http://www.mmigr.jp/furusato/simulation/)

こちらは税理士法人事務所が提供しているシミュレーションサイトです。

プロが運営しているので信頼感がありますね。

 

このサイトの一番良い点は、源泉徴収票に直接入力する形になっていること!

これはめちゃくちゃやりやすいです!

自分の源泉徴収票と見比べて、合う欄の数値をいじっていくだけなので、余計なことを考える必要もなくサクサク進めることができます。

 

詳細シミュレーションのしやすさでは群を抜いて素晴らしいです。

 

<おすすめポイント>

  • 源泉徴収票に直接入力で非常に分かりやすい
  • どこに何を入力すればよいか悩まない
  • 税理士法人が運営していて信頼度が高い

 

<注意点>

  • 簡単バージョンがない
  • 住宅ローン控除で所得税ゼロの場合は不可

 

 

ふるさとぷらす

(出典;https://furusatoplus.com/info/003/)

 

こちらはふるさと納税サイトの『ふるさとぷらす』。

ふるさとチョイスなどと比べると多少知名度は落ちますが、こちらも信頼性のあるサイトです。

 

こちらのシミュレーションは、なんといっても住宅ローン控除を含めた計算ができることが一番のポイント!

こういうサイトはほとんどありませんので、住宅ローン控除がネックでシミュレーションが不安な人はこちら一択でしょう。

 

<おすすめポイント>

  • 住宅ローン控除を含めたシミュレーションができる
  • 入力がシンプルで分かりやすい
  • 源泉徴収票が手元にあれば迷わない

 

<注意点>

  • 簡単バージョンがない(早見表はある)

 

 

スポンサーリンク

ふるさと納税限度額の早見表まとめ

おすすめサイトの基準

  • 扶養者の有無は選べた方が良い
  • 収入と所得が曖昧なものは避ける
  • 入力項目が少なすぎるものは避ける
  • 源泉徴収票がないときに早見表や簡単バージョンを使える

 

ポイントや注意点

  • 住宅ローン控除は注意が必要
  • 退職・不動産売・相続がある場合は使えない
  • シミュレーションはあくまで参考値

 

おすすめサイト一覧

おすすめサイト一覧です。

赤文字がそれぞれのサイトの一番の特徴です!ご自身の条件に合ったもの、使いやすいものを選んでください。

 

ふるさとチョイス

<おすすめポイント>

  • 基本的にオールマイティー
  • 源泉徴収票の記載表現の解説がある
  • 簡単・詳細どちらのバージョンもある
  • 源泉徴収票、確定申告書どちらでもできる

 

税理士法人エム・エム・アイ

<おすすめポイント>

  • 唯一の源泉徴収票に直接入力型
  • どこに何を入力すればよいか悩まない
  • 税理士法人が運営していて信頼度が高い

 

ふるさとぷらす

<おすすめポイント>

  • 住宅ローン控除を含めたシミュレーションができる

 

  • 入力がシンプルで分かりやすい
  • 源泉徴収票が手元にあれば迷わない

 

以上、ふるさと納税の限度額の早見表・シミュレーションについてでした!

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかこ

東京在住の兼業主婦です。小さな2人の子供達に振り回される毎日を送っています。 仕事と育児の傍ら、時間を見つけて趣味のネットサーフィンとお小遣い稼ぎに精を出してます! インドア派がたたって最近太ってきたのでダイエットにも取組中。主に電動自転車を電動にしないで漕いでます!