電気代節約はソーラーパネルでゼロ円に?!蓄電池の併用と注意点

電気代節約,ソーラー,蓄電池

電気代節約に大きな効果があると言われているソーラーパネル。

太陽光発電で、果たして電気代はゼロ円になるのか?!

また大幅に電気代を節約できるとして最近急激な流行りを見せている『ソーラーパネルと蓄電池との併用』と、その際に絶対に見落としてはいけない注意点を詳しく解説します。

 

戸建て新築時や家のリフォームなどで、太陽光発電の営業を受けることもしばしばあると思います。

  • ソーラーパネルで電気代がゼロ円になるってよく聞くけれど、本当?
  • そんな美味しい話が実際にあるの?

と思う方も多いんじゃないでしょうか。

この記事では、ソーラーパネルの仕組みや知っておきたい基礎的知識から、電気代節約がどこまで可能なのか、流行りの蓄電池との併用が良いって一体どういうことなのか、そのカラクリと実際を詳しく紹介します!

 

スポンサーリンク

太陽光発電(ソーラーパネル)の仕組みは?

最初に、対抗発電(ソーラーパネル)ってどういう仕組みがご存知ですか?

『太陽の光を屋根のパネルに受けて、発電するんでしょ?』

そうです。その通りなのですが、どうやって太陽光で発電して、その電気をどういう風に使うのか?

太陽光発電の全体の仕組みを解説します。

 

分かりやすく説明:なぜ日光で電気が発生するの?

太陽光発電(ソーラーパネル)の仕組みを説明するためには『光電効果』という言葉を知っておく必要があります。

光電効果とは、一言で言うと「太陽光が、ある物質に当たると電気が発生する現象」の事です。

 

まさにソーラーパネルっぽいですね!

 

と、ここで終わったら説明にならないので、もう少しだけ詳しく書いてみます。

 

ここからちょっと高校時代の化学を思い出してみてくださいね。

世の中にあるすべての物、例えば水や机や人間の体や、ありとあらゆる物は、電気を帯びた沢山の小さな粒(電子)を持っています。

この電子はマイナスですね。

 

普段マイナスの電子は、プラスを帯びている原子核(陽子)に引っ張られて、物質中から外には出てこず収まっています。

 

さてここからが光電効果。

金属に紫外線を当てると、普段は収まっている電子が飛び出してきます。

電子が動くというとは、つまり電流が流れるということです。

 

なぜ金属なのかと言うと、金属って電流を通しやすいですよね。

電流を通しやすいということは、電子が自由に動きやすいということ。

逆に電子が全然動けないものが、「絶縁体」と呼ばれるものです。ゴムやプラスチックがそれに当たります。

 

そしてその中間くらいにあるもの、電気を通しやすさも多少あり、通しにくさも多少あるもの、それが「半導体」。

太陽光発電で使われているのが、この半導体です。

半導体を使って、光電効果を利用して発電するのが太陽光発電になります。

 

半導体は、金属のようにガンガン電流を通してしまうのではなく、条件によって電気を通したり通らなくしたりする性質を持たせることができるので、扱いやすいという特性があります。

ですので、身の回りにあるほぼ全ての電子機器はこの半導体が使われています。

ソーラーパネルも例にもれず、半導体を使って発電しているわけです。

 

分かりやすく説明:ソーラーパネルで作った電気はどうするの?

さて、ソーラーパネルを使って光電効果で作られた電気。

作った電気をどうするかと言うと、

  • 家で使って余った分を売る
  • 家で使わず全部電力会社に売る

という2つの選択肢があります。

どちらにするか電力会社と契約をします。

 

家で使って余った分を売る『余剰買取』ですが、一般的な多くの家庭がこちらになります。

家で使わず全部電力会社に売るのが『全量買取』です。こちらは容量が10kW以上の場合に選択できる方式。

10kW以上というとかなり大きな面積を必要としますので非住宅用などという表現が使われたりしますが、実際には一般住宅でも可能です。

 

分かりやすく説明:どうやって電力会社に電気を売るの?

上に書いた通り、ソーラーパネルで発電した電気は電力会社に売ることができます。

これは国が定めていることなので、余った分は電力会社が必ず買い取らないといけません。

 

では一体どうやって買い取ってもらうの?

宅配便みたいに家に取りに来てもらう?

 

いえいえ、そうではありません。

普通の電気は電線を通って家に運ばれますが、電気を送るときも電線を通して電力会社に送るのです。

 

家庭から電力会社に電気が送られることを『逆潮流(ぎゃくちょうりゅう)』と言います。

電気は、電圧の高いところから低いところに流れる性質があります。水を想像すると分かりやすいですね。

ソーラーパネルで発電した電気の電圧を、電力会社が供給する電気の電圧より高く設定しておくことで、常に家庭から電力会社に流れるようにしているのです。

 

と言うことは・・

 

そうです。

ソーラーパネルで発電した電気は、作った瞬間に使わなければ随時電力会社に送電されるということ。

貯めておくことはできません。

 

ここで登場するのが『蓄電池』です。

電気を貯めておけるのが蓄電池。

ソーラーパネルと併用されることが多い蓄電池について、ページ下で詳しく書いていますので、そちらもチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

太陽光発電(ソーラーパネル)のメリットは?

<ソーラーパネルのメリット>

  • 電気代節約になる
  • 余った電気を売って収入を得られる
  • 災害時・停電時でも電気が使える
  • 蓄電池との連携
  • 環境に優しく社会貢献になる

 

いくつかあるソーラーパネルのメリット、詳しくみていきます。

 

電気代節約になる

まずはやっぱり電気代節約。

ソーラーパネルを設置するのは、この目的のためが多いですよね。

 

太陽光発電ができる昼間は家庭のソーラーパネルで発電した電気を使うことができるので、電力会社から買う電気を減らすことができ、電気代節約になります。

 

では、どのくらい電気代節約できるでしょうか?

 

一般住宅に設置されるソーラーパネルの多くは3~5kWですから、4kWのソーラーパネルを利用していると仮定しましょう。

4kWのソーラーパネルの平均的な発電量は年間4555kWhです。

 

一般的に、家庭で消費する電気はソーラーパネルで発電した電気の3割と言われていますので、

4555×0.3=1366.5kWh

が「ソーラーパネル発電の電気」のうち「1年間で家庭で使用する電気」という試算になります。

 

これを金額にすると、

年間32,793円(従量単価24円/kWhとする)

 

年間32,793円分自家発電で補うのでその分まるまる節約になるということです。

 

ソーラーパネルの金銭的なメリットはこれだけではありません。

「家庭で消費する電気はソーラーパネルで発電した電気の3割」

と書いたとおり、つまりは残り7割は電気会社に売れるということです。

これが、2つ目のメリット。

 

余った電気を売って収入を得られる

ソーラーパネルを使って発電した後は次の3パターンに分かれます。

  1. 作った電気をちょうど使う
  2. 作った電気を使った上で、余った分を電力会社に売る
  3. 作った電気を使い切って、足りない分を電力会社から買う

 

2の「作った電気を使った上で、余った分を電力会社に売る」

これが、家庭使用分以外で電力会社に売ることができる「7割分」ということになります。

 

では、7割売電できるとどのくらいの収入になるのでしょうか。

 

2018年度中にソーラーパネルを設置した場合、売電価格は税込26 円/kWh。

4kWのソーラーパネルを設置したとすると、電力会社に売ることができる電気は年間平均3188.5kWhです。

 

つまり、売電による収入は、

3188.5kWh×26円=82,901円

 

電力会社に電気を売ることで年間82,901円の収入を得られるということですね!

 

蓄電池との連携

さてここまでは、単純に作った分をすぐ使って、余ったら売る。

という形での金銭メリットを見てきましたが、最近の流行りはもう一つ先を行っています。

 

それが、ソーラーパネルと蓄電池との連携です。

 

蓄電池はその名の通り、電気を貯めておける装置です。

スマホのモバイルバッテリーを大きくしたようなイメージです。

 

今までは電気を作った瞬間に使わなければ自動的に売電されていたものが、蓄電池と連携させることで使わない分を貯めておくことができます。

 

ではそれができるとどんな良いことがあるのでしょうか?

メリットを見ていきます。

 

蓄電池のメリット

  • 電気を安く買うことができる
  • 売電量を増やすことができる
  • 災害時・停電時に貯めた電気を使える

 

ソーラーパネルと蓄電池を連携させるとき、メリットの上2つはセットのようなものです。

 

『電気を安く買うことができる』というのは、深夜の超割安な時間帯に電力会社から電気を買って蓄電池に貯めておく、ということです。

そして、貯めた電気を昼間使うことによって、ソーラーパネルで発電した電気を使う量を減らすことができます。

そうすると、電力会社に売る電気の量を増やすことができます。

 

つまり、買う電気は安く売る電気は多くすることができるわけです。

 

しかし、ここで出てくる問題が『ダブル発電』です。

これがとても重要で、また蓄電池とソーラーパネルを連携させることのひとつのデメリットと言ってもいいでしょう。

これについてはとても大事な点ですので、ページ下の注意点のところで詳しく書いています。

 

最後のメリットは、災害時・停電時に貯めた電気を使えること。

ソーラーパネルのみだと、発電したその瞬間に電気は使えますが、発電していないときは使えません。

ということは、夜間や雨の日は使えないということ。

蓄電池があれば、昼間に太陽光パネルで発電した電気を日が沈んだ後も使うことができますから、とても助かりますね。

 

以上が蓄電池のメリットでした。

 

蓄電池のデメリットは?

続いてはデメリットです。

 

<蓄電池のデメリット>

  • ダブル発電になることがある
  • 設置場所が必要
  • 寿命が短いものもある

 

最初のダブル発電のダブル発電については、とても重要なポイントなので、別の項目で詳しく説明しますね。

 

2つ目のデメリットは、設置場所が必要だということ。

室内用と室外用がありますが、例えばPanasonicの蓄電池のサイズはこんな感じ。

 

<Panasonicリチウムイオン電池5kWh>

  • 外形寸法:250×649×626mm
  • 重量:67kg

 

大きめの電気ファンヒーター1個分くらいのイメージでしょうか。結構場所を取ります。

これでもこの製品はコンパクトタイプなので標準的な蓄電池よりは小さい方です。

一般的には、100cmx100cmx30cmは必要と考えておいた方が良いでしょう。

 

また、蓄電池のデメリットとして、寿命による買替があります。

蓄電池は、充放電をすればするほど蓄電容量が減っていきます。

基本的に10年が目安になりますが、製品によってはもっと短いものもあります。

価格も数十万~100万円以上と高額ですので、購入の際は耐用年数をしっかりとチェックする必要があります。

 

災害時・停電時でも電気が使える

では、ソーラーパネルのメリットの続きです。

ソーラーパネルの大きなメリットのひとつがこれ。

災害時や停電時でも家庭で発電し電気を使うことができる点です。

 

節約や収入といった金銭面でのメリットも大事ですが、本来はここに意味を見出して設置する人が多いですよね。

これに加えて蓄電池を持っていれば太陽光発電できない夜間や雨の日も電気を使うことができて、より安心です。

 

自然災害大国ニッポン。

台風や地震で大規模停電というニュースも頻繁に聞くようになった昨今、ソーラーパネル設置でどれだけ安心を買えるかは、高齢者や子供のいるファミリーなどは特に感じるところではないでしょうか。

 

環境に優しく社会貢献になる

太陽光発電は、そもそも国が推し進めてきた事業です。

 

現在日本では、主要なエネルギー源を石油・石炭など化石燃料に頼っています。

一方、太陽光発電などのエネルギーは「再生可能エネルギー」とも呼ばれ、資源がなくなることもなく、一度利用しても比較的簡単に再度生み出すことが可能なものです。

また重要なことは、再生可能エネルギーは温室効果ガスを排出しないということ。

 

日本は2016年パリ協定で温室効果ガス排出削減の厳しい目標を世界に宣言していますから、政府はこれを力強く後押ししてきたという背景があります。

 

つまり、ソーラーパネルを設置することは、地球温暖化防止にも一役買い、日本の外交にも貢献していることになるということなのです。

 

スポンサーリンク

太陽光発電(ソーラーパネル)のデメリットは?

ここまでソーラーパネルの良いことばかり書いてきましたが、デメリットにも言及してみたいと思います。

  • 設置費用は100万越え
  • 初期投資を回収できない可能性がある
  • 10年後売電価格がどうなるか分からない

 

ほぼ金銭的な事ですね・・。

これを考えると、設置はそれなりに覚悟が必要なことが分かります。

 

設置費用は100万越え

ソーラーパネルの設置費用は高いです。

初期費用がとにかくかかります。

 

<設置費用例>

設置容量 価格
6kW 175万円
5kW 198万円
4kW 152万円
3kW 129万円

(出典;https://www.solar-partners.jp/karakuri-kakaku-163.html)

100万円~200万円というところです。

これでも数年前よりははるかに安くなりましたが、簡単に決められる買い物ではありませんね。

 

年々下がっているので、更に下がるのを待つという選択肢もありますが、売電価格も同様に毎年下がります。

売電価格は設置初年に契約した価格が10年間続きますので、少しでも高いうちに設置した方がお得になる可能性があることも考慮に入れて購入時期を考える必要があります。

 

初期投資を回収できない可能性がある

こんなに高い初期費用をかけて設置したソーラーパネルですが、場合によっては投資費用を回収できない可能性もあります。

 

ソーラーパネルを設置する際には、シミュレーションをして10年ほどで回収できる前提で導入すると思います。

ですが、5年、10年と経過する中で、想定外の故障や効率低下が起こることもあります。

思ったより晴天が少なかったり、シミュレーションが甘かったということもあるでしょう。

また、転勤や親の介護など思わぬ事情が発生して引っ越しをせざるを得なくなったりと、10年という長いスパンでは色々な家庭事情が変わることもあります。

 

さまざまな理由から、当初のシミュレーション通りにはいかないという可能性は十分にあります。

 

10年後売電価格がどうなるか分からない

ソーラーパネルを導入すると、余った分の電気は必ず電力会社が買ってくれます。

導入初年の売電価格で10年間買い取ってくれることが国によって定められています。

 

しかし、この売電価格は10年間という期間限定です。

10年後、売電価格がどうなっているかは分かりません。

 

基本的に、11年目以降の売電価格は、それまでの固定の売電価格よりはるかに下がることになります。

売電価格は年々下がっているので、10年前の高い売電価格が適用されていた家庭からすると信じられないくらい収入が減ることになります。

——————————————————-

<売電価格>

  • 2009年 48円
  • 2018年 26円

——————————————————-

2009年に設置した人は、その後10年間、つまり2018年まで48円で買電できていたわけです。

2018年で26円です。ものすごい下落と感じますよね。

しかも固定価格の10年間が終わった2019年からは売電価格がどうなるかは分かりません。

 

10年経った時点でシミュレーション通り費用を回収できているならば、その後の売電価格は特に問題にはなりません。

10年後も回収できていない場合は、その後の売電価格がどうなるのかは不安要素のひとつになるでしょう。

 

スポンサーリンク

太陽光発電(ソーラーパネル)で電気代はゼロ円になる?実際はどのくらい安くなるのか

「ソーラーパネルを設置すると、電気代がゼロ円になりますよ!」

という売り文句をよく聞きますよね。

 

あれって本当にゼロ円になるの?

大袈裟な営業トークじゃないの?

 

と思う人も多いと思います。

 

実際、ソーラーパネルで電気代をゼロ円にできるかと言うと・・

 

『条件による』

 

となるのです。

 

ソーラーパネルを導入することで電気代ゼロ円になるというのは現実的なことなのか?どういうカラクリなのか?

みていきたいと思います。

 

全部を太陽光発電で賄うという意味ではない

まず最初に知っておきたいのが、『太陽光発電で電気代ゼロ』というのは、『太陽光発電で全ての電力を賄う』という意味ではないということ。

 

太陽光発電は夜間は発電できません。

ですので、発電しない時間帯には電力会社から電気を買わなければなりません。

 

一方で、日中太陽光発電で発電した電気が余ると、電力会社に電気を売ります。

この差額がプラスマイナスゼロになる、または黒字になる、というのが『電気代ゼロ』の実際です。

 

全量売電すると月10,538円の収入

では、太陽光発電を使って電気代をゼロ円にすることが可能なのか?

 

当たり前の話ですが、現在の電気代が高い家庭と安い家庭では、その実現度は違ってきます。

それが、『条件による』と書いた意味のひとつです。

 

5人家族で月々1万5千円かかっている家庭と、月3,000円の一人暮らしでは、当然ながら3000円の方が簡単ですね。

 

下は一般的なソーラーパネル4kWの月別の発電量です。

Month 発電量
1月 356 kWh
2月 368 kWh
3月 436 kWh
4月 468 kWh
5月 484 kWh
6月 396 kWh
7月 432 kWh
8月 468 kWh
9月  408 kWh
10月 396 kWh
11月 324 kWh
12月 328 kWh
一般家庭の電気消費量 458 kWh

(参考;standard-project.net/solar/tatsuden)

 

日本の一般家庭の年間電気消費量は5,500kWhと言われており、つまり12で割ると月458kWhです。

ソーラーパネルの月の発電量平均と、家庭の電気消費量を比べてみると、家庭の電気消費の88%を太陽光発電でまかなえることになります。

これはなかなか悪くない数字ですよね。

 

では次に、太陽光発電の電気が毎月どのくらいの収入になるか計算してみます。

上記の発電量を全て売電したとすると、収入はこのようになります。

Month 発電量 売電収入
1月 356 kWh 9,256円
2月 368 kWh 9,568円
3月 436 kWh 11,336円
4月 468 kWh 12,168円
5月 484 kWh 12,584円
6月 396 kWh 10,296円
7月 432 kWh 11,232円
8月 468 kWh 12,168円
9月  408 kWh 10,608円
10月 396 kWh 10,296円
11月 324 kWh 8,424円
12月 328 kWh 8,528円

(売電単価26円/kWhとする)

どうですか?

もしこの売電価格がご家庭の電気代と比べて

「全然電気代を上回ってる!」

のであれば、電気代ゼロは現実的ですね。

 

しかし、

「いやいや全然足りないよ。電気代は毎月2万近くかかってるんだから。」

というご家庭は、なかなかハードルが高そうです。

 

ご家庭の月々の電気代と比較して、電気代ゼロにできそうでしょうか?

 

ここでひとつポイントです。

電気代ゼロ実現のためには、『電力会社の料金プランを戦略に合ったものを選ぶ』こともとても重要です。

 

電力会社の料金プランを変更して賢く買電する

電力会社は2016年の電力自由化を受けて、様々な会社が新規参入していることはご存知でしょうか。

料金プランも多種多様で、生活スタイルや条件に合わせて自分で選ぶことができるようになりました。

 

電気代ゼロを実現するためには、蓄電池を連携させることはとても効果的です。

深夜の電気が安い時間帯に電気を買って、昼間はソーラーパネルで発電するやり方です。

 

老舗の大手電力会社や新規参入会社には、このような深夜帯がとても割安になるプランが豊富にあります。

普段は電気単価約25円程度なのが、深夜帯では15円程度まで下がるものもありますので、こういう場合は是非とも料金プランを変更すべきです。

ご家庭の『電気代ゼロ戦略』に相性の良い電力会社を選ぶことはとても大事なポイントになってきますよ!

 

注意すべきポイントは?

ではここで、太陽光発電で電気代ゼロ円にするための注意点をみてみます。

 

電気代をゼロにするためには蓄電池との併用がとても有効だと上でご説明しました。

が、ここにひとつ落とし穴があります。

 

それが『ダブル発電』です。これがとても重要。

 

蓄電池を使うと、ダブル発電になってしまうのです。

 

ダブル発電とは、太陽光発電の他にも別の発電システムも併用することを言います。

蓄電池は発電機ではありませんが、経済産業省は太陽光発電と蓄電池の併用はダブル発電を位置づけています。

ダブル発電になると、売電価格が本来より30%ほど下がります。

つまり経済産業省的には、これら2つの併用は良くないこととしているわけですね。

 

理由は単純です。

蓄電池を使うことによって、太陽光発電の本来の目的から逆に遠ざかってしまう可能性があるからです。

政府からしてみると、太陽光発電でエコしてほしくて補助金まで付けたのに、逆に夜間に電力会社から電気をバンバン買われたら本末転倒です。

しかも夜間に電気を買って昼間に売るという転売のような形になって、儲ける手段になってしまってはよろしくない、というところでしょう。

 

というわけで、蓄電池とソーラーパネルの併用はダブル発電になって売電価格が下がる、という問題点があります。

 

では、蓄電池とソーラーパネルの併用は止めた方がいいのか?というと一概にそうではありません。

 

なぜなら、最近の蓄電池は、この問題に対処して『ダブル発電にならない設定ができる』蓄電池があるからです。

現在売れている蓄電池はこのタイプがメインです。

 

ダブル発電にならない設定にすると、太陽光発電をしている昼間は蓄電池の電気を使いません。

そうすることで、シングル発電にしているわけですね。

 

ちなみに、

  • シングル発電にして本来の売電価格で売る
  • ダブル発電で本来の3割引きの価格で売る

どちらがお得かは、各家庭でどれだけ電気を使うかや、ソーラーパネルの容量によっても違ってきます。

場合によってはダブル発電の方が得になることもありますので、実際に導入する際にはしっかりシミュレーションすることをおすすめします。

 

ソーラーパネルを設置するならなるべく電気代をゼロに近づけたいところです。

蓄電池を連携させることによってその可能性は上がりますが、『ダブル発電』という注意点がありますので、導入時はお気を付けください。

 

電気代節約ソーラーパネルと蓄電池まとめ

ソーラーパネルのメリット

  • 電気代節約になる
  • 余った電気を売って収入を得られる
  • 災害時・停電時でも電気が使える
  • 蓄電池との連携
  • 環境に優しく社会貢献になる

 

ソーラーパネルのデメリット

  • 設置費用は100万越え
  • 初期投資を回収できない可能性がある
  • 10年後売電価格がどうなるか分からない

 

蓄電池と連携のメリット

  • 電気を安く買うことができる
  • 売電量を増やすことができる
  • 災害時・停電時に貯めた電気を使える

 

蓄電池との連携の注意点『ダブル発電』

  • 蓄電池との連携は『ダブル発電』になる
  • ダブル発電は売電価格が下がる
  • 蓄電池はシングル発電を選べるものを選ぶ事が大事

 

ソーラーパネルの電気代節約

ソーラーパネルによる平均的な月別収入目安が以下。

太陽光発電の電気すべてを売電したとした時の収入です。

ご家庭の毎月の電気代と比較すると、電気代ゼロが現実的かそうでないかが見えてきますね!

Month 売電収入
1月 9,256円
2月 9,568円
3月 11,336円
4月 12,168円
5月 12,584円
6月 10,296円
7月 11,232円
8月 12,168円
9月 10,608円
10月 10,296円
11月 8,424円
12月 8,528円

 

以上、ソーラーパネルの電気代節約と、蓄電池の併用との注意点でした!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

たかこ

東京在住の兼業主婦です。小さな2人の子供達に振り回される毎日を送っています。 仕事と育児の傍ら、時間を見つけて趣味のネットサーフィンとお小遣い稼ぎに精を出してます! インドア派がたたって最近太ってきたのでダイエットにも取組中。主に電動自転車を電動にしないで漕いでます!