水道料金の平均は?高い原因と家族の節約方法を紹介!

水道料金,平均

定期的な支払いのある水道料金。

よその家庭と比べてうちの家族の水道料金って高いの?安いの?と気になりますよね。

水道料金の平均はいくらなのか?

使用水量はいくらなのか?

 

平均より高かったけどなんで我が家は高いの?水道料金が高い原因は?という水道料金に関する疑問、水道の節約方法も紹介しているので最後までご覧くださいね。

 

スポンサーリンク

水道料金と使用量の平均は家族でいくら?

まずは一番気になる家族人数別に、水道料金と使用水量を紹介します。

2、3、4人暮らしの1か月間で

  • 平成28年度世帯別月平均水道代

(出典サイト:http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/)

  • 2012年の東京都水道局調査の使用水量

(出典サイト:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html)

この2つの平均データを紹介します。

水道料金の請求は2か月に1回なので見間違えないように!

 

2人暮らし

  • 使用水量⇒16.2㎥
  • 水道料金⇒4,160円

1人暮らしの1か月平均使用水量が8.0㎥なので、ほぼ倍の使用水量です。

2人暮らしでも、生活リズムの違い・お風呂の湯舟を一緒にしない場合が多いため使用水量がほぼ倍なのかなと考えられます。

 

平均より使用水量が多いようであれば、どちらかが、1人暮らし平均より多く使用している可能性が高いです。

閉め方がゆるくてぽたぽた水が流れているや歯磨きの時に流しぱなっしなどしているかもしれません。

 

これだけで料金高くなる?と思うかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。

自分や同居人にこれをしている傾向が見られない場合は他に原因があります。

 

平均より水道料金が高くなる原因についてあとで紹介しているので、平均より高い!と思った人は確認してみてくださいね。

 

3人家族

  • 使用水量⇒20.8㎥
  • 水道料金⇒5,371円

1人暮らしの3倍の使用水量というわけじゃない3人家族の平均水量となりました。

3人家族からは家族構成に左右されます。

 

3人目が新生児・幼児・小学生・中高生で変わってきます。

中高生であれば大人と同じように水道を使うし、放課後すぐに家に帰るのか帰らないかでも変わってきますよね。

 

幼児・小学生低学年であれば流しっぱなしにするシーンが多いと予想できます。

新生児は洗濯物を別でしなきゃいけないし、よく吐くので1日3回洗濯を回すという日も…

 

3人目が新生児なら平均水量より多いかもしれません。

その場合でも節水方法がいくつかあるので、下記をご覧ください。

 

4人家族

  • 使用水量⇒25.1㎥
  • 水道料金⇒6,044円

 

2⇒4人家族の使用水量の差が8.9㎥

3⇒4人家族の使用水量の差が4.3㎥

 

2人暮らし使用水量の倍の使用水量になるわけではない4人家族。

水道料金の差も1,884円と大きく差があるわけではありません。

 

3人家族同様、4人家族も家族構成により使用水量・水道料金が左右されます。

お子さんが幼いほど使用水量が多い傾向がるのと、中高生でも家にいる時間が長いなら必然的に使用水量が多くなります。

 

2、3、4人家族の使用水量・水道料金を紹介しました。

使用水量は平均なのに、水道料金が平均より高い!という人がいるかと思います。

水道料金が高い原因はなんなのか?について紹介します。

 

スポンサーリンク

水道料金が高いつ6の原因

水道料金が高い原因は様々な可能性が考えられます。

その中にはそんなこと言われたらもうどうしようもないじゃん…というものも含まれています。。

しかし水道料金が高い原因を知ることで改善できる部分もありますし、知っておいてほしいチェック項目もあるので、水道料金が高い6つの原因を紹介します!

 

地域で料金に違いがある

水道料金は地域によって違います。

いきなりどうしようもないことを言ってすみません。

 

なぜ地域によって違うのか?

民間企業が管理しているガス・電気と違い、水道は2か月に1回の請求です。

なぜかというと地方自治体が水道を管理していて、人件費削減のためといわれています。

水道料金が高い地域・安い地域はどのような特徴があるのか紹介します。

 

高い地域は?

  • 昔から水の便が悪い歴史がある
  • 財政破たん
  • 整備した
  • 水源が近くにない
  • 水質が悪い

 

険しい山間部で、昔から水を安定して供給するのに苦労してきている歴史がある地域だと、今現在でも整備するにあたり費用がかかるや、維持にお金がかかるため水道料が高いです。

そこまで地形に悩まされてきたわけではないという地域であれば、近年整備をした場合があります。

 

そして北海道夕張市であれば、財政破たんが原因のようです。もしかしたら他にもそういう地域がある可能性があります。

水源が近くにあっても、水質が悪いと、安全に使用するために浄化しなくちゃいけなくて、ここにコストがかかって水道料金が高いということもあります。

水道料金が高い地域の主な特徴は、水を供給するにあたり不便である地形をしています。

 

安い地域は?

  • 海に面している
  • 海が近い
  • 川が多い
  • 温泉がある
  • 簡易水道

 

これに多く当てはまる市区が水道料金が安い傾向にありました。

そしてたまたまかもしれませんが、雨量が多い高知県も水道料料金が安かったです。

 

簡易水道だからといって、簡易水道の地域全部が料金が安いというわけではありませんが、簡易水道の地域は比較的水道料金(上水道)が安い傾向にあります。

 

簡易水道…給水人口101人以上5000人以下に給水する計画の水道事業のことで、主に農山漁村を対象としている水道です。

 

やはり水が近い、温泉のように水ができる地域ということが水道料金の安い特徴となっています。

 

あと水は無限に使えるものではありません。今後何十年、何百と人が暮らしていくために地球のことを考えなければなりません。

料金を安く抑えたいから節水したいという考えも大事ですが、地球のためにも節水は大事です。

なので、自治体の方針で使い過ぎないようにという意図から料金を高く設定している地域もあります。

 

下水道料金の有無

先ほど紹介した水道料金が高い・安い地域の、水道料金(上水道)と、下水道料金は別ものです。

  • 水道料金(上水道)⇒蛇口をひねって使用した水量代
  • 下水道料金⇒使った水の浄化作業代

 

私たちは使った水を自然に帰しています。使った水はきれいなものではないですよね。

なるべくきれいに使った水を自然に帰すには浄化が必要です。

今を生きる私たちのため、もっと先の未来を生きる人のために地球をなるべく汚さないため、浄化作業が必要なのです。

 

しかし下水道料金が発生しない地域があります。

というのも水道に関することは地方自治体が行っているから。

財政状況や地形により下水道整備が整っていない地域が存在するため、下水道料金を徴収できないのです。

とはいえ下水道料金を徴収できていない地域は少ないです。

 

設備の違い

地域の地形によって設備コストがかかってしまうというお話をしました。

水質が悪いと、浄水処理能力が高い浄水処理施設が必要となり、設備投資や水道管の維持などにかかる1人あたりのコストが割高になります。

水源からの距離があると水を通すための工事費用にも差が生まれます。

 

人口の違い

何度も言って申し訳ないのですが、水道の管理は地方自治体が行っています。

水道局で働いている人がいて、管理・維持費、整備費がかかります。

なので単純に人口が少ない地域だと料金が割高になってしまうのです。

 

ここまでの水道料金が高い原因は一個人ではどうにもできない問題です。

しかしこれ以降に紹介する水道料金が高い原因は、改善の余地があります。

 

漏水している

水道管が古いと隙間から水がぽたぽたと落ちることがあります。

さらに水道管は地下に張り巡らされているので、どこから漏れているのか、場所を特定するのが困難な場合もあります。

 

漏水しているかどうか知るためには、水道をすべて止めた状態で水道メーターを確認し、メーターが動いていないかチェックしてみましょう。

メーターが動いているのであれば、ご利用の水道局に電話して来てもらいましょう。

 

外にも蛇口がある

一軒家にありがちなイメージですが、たとえば洗濯機が外にある賃貸もありますよね。

外に蛇口があると、勝手に誰かに使われている可能性があります。

外に蛇口がないか探してみましょう。

 

あった場合、今後使うことがないのであれば、蛇口をとって保管しておきましょう。

ひねることができないので、勝手に使われるというとがありません。

 

水道料金が高い6つの原因まとめ

水道料金が高い原因
  1. 地域で料金に違いがある
  2. 下水道料金の有無
  3. 設備の差
  4. 人口の違い
  5. 漏水している
  6. 外にも蛇口がある

水道は地方自治体が管理しています。

地域ごとの地形により、財政により1~4の水道料金の差は仕方がないものです。

 

水道料金はこれらの理由から差が生まれてしまうので、使用水量で判断することをおすすめします。

5、6は各家庭で確認ができ、改善することもできます。

 

5、6を確認したけど特に問題はなかった

平均使用水量より多く使っていた

地域的に料金が高いから節水したい

平均使用水量より下だったけどもっと減らしたい

という方に、水道料金の節約方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

水道料金の節約方法は?

暮らしている人数によって多少違う場合があるのでそのこともふまえて、水道の節約方法を紹介します。

水を使う場面は大きく分けて、トイレ・お風呂・キッチン・洗濯・洗面所の5つ。

 

5つ別に水道料金節約方法を紹介します。

すぐに実践できるものもあるので、参考にしてみてください。

 

トイレ

水道を使う5つの場面の中で、もっともすぐに実践できるのがトイレです。

節水方法は2つありますが、どちらもすぐに実践できます。

 

レバーを使い分ける

1つ目はレバーの使い分けです。

流すときに小のレバーで流す、これだけです。

レバーには大と小がありますよね。

水量が約20%違うので、常に大で流してた!という場合であればこれをするだけで違います。

 

続けて流すことを避ける

音が気になって何度も流してしまうや、流れが悪くて立て続けに2回流すこともありますよね。

1度トイレの水を流すと5ℓ~13ℓ程度の水を使用します。

最大値の13ℓの場合、1回で3.12円の水道料金がかかります。

トイレのたびに連続で流すことを家族全員がしていたら使用水量は平均を上回ると推測できます。

流すことはなるべく1回にしましょう。

 

お風呂

お風呂はまず、湯舟とシャワーどちらが節水できるのか?

知っている人の方が多いかもしれません、お風呂は湯舟にした方が節水できます。

特に残り湯の活用で節水できます。

 

残り湯を活用する

  • 洗濯の「洗い」に使う
  • 洗車に使う
  • 植物の水やりに使う
  • 掃除の際に使う

など、活用方法は色々あります。

一番は洗濯に使うことですね。

 

ポンプを持っていなければ購入が必要ですが、およそ3,000円くらいです。

毎日使っているからといってすぐに壊れるものでもないので、初めは購入が出費になりますが、長い目でみたら節約・節水に繋がります。

 

あとおいだき足し湯ができるお風呂の家庭の方。

おいだきの方がガスを節約できるので、なるべくおいだきにするようにすると良いです。

 

シャワーヘッドを変える

家族が多いから基本湯舟派という家庭でもシャワーを使うことはありますよね。

まったく使わないのであれば必要ないですが、シャワーも使うという家庭がほとんどだと思います。

 

2人暮らしであれば、2人とも基本シャワーという場合もあります。

2人とも湯舟派であれば問題ありませんし、ベストな節約法です。

しかし、1人は湯舟、1人はシャワーであれば、平均より多く水を使っている可能性が高いです。

2人暮らしの場合、せめてどちらかに統一しましょう。

 

なぜシャワーヘッドを変えるとよいのか?

節水できるシャワーヘッドがあり、70%の節水ができるという商品もあります。

水圧を切り替えるボタンがあったり、シャワーの穴を細かく多くすることで節水できるのです。

 

シャワーを3分間流しっぱなしにすると約36ℓも使うことになるので、シャワーの出止のスイッチが手元にあるものがおすすめです!

 

お値段ですが、約2,000円~20,000円と幅があります。

5,000円くらいのものが妥当ですし、機能性も良いのでおすすめです。

 

キッチン

お皿洗いをする際に5分間流しっぱなしにした場合、約60ℓもの水を使います。

お風呂のシャワー同様、流しっぱなしにする時間を減らすことが大事です!

 

おけに水をためてお皿を洗う

3人家族以上であれば、おけを活用しているご家庭は多いかもしれませんね。

使っていないのであればおけを購入しましょう!100均で購入可能です!

 

お皿洗いを1日に何回もするという家庭もあります。人数が多いほど。

できれば1日1回が理想です。

何回もするよりも、まとめてする方が節水できます。

そして食べ終わったら汚れが落ちやすいようにすぐに水につけることも心がけましょう。

 

キッチンのシャワーヘッドを変える

お風呂のシャワーヘッド同様で、キッチンのシャワーヘッドも交換すると節水できる商品があります。

お風呂のシャワーヘッドより安くて、2,000円くらいのもので40~50%の節水が可能です。

 

食洗器を買う

お皿洗いをするのに一番節水できるのが食洗器なんです。

仕事・育児に追われている家庭が多いので、お皿洗いの時間もなくなり精神的にもラクになります

 

あと旦那さんが気を利かして自発的にお皿洗いしてくれる場合ってありますよね。(たまにだけど)

でも水の流しっぱなしや、水が飛び散り床が少し濡れている、お皿を洗った後のシンクが気になる…

でもやってくれたから言いにくい…

これだけでもストレスになるので、食洗器ならストレスフリー&節水できます!

 

ただ7,8万~12万円くらいするので、ちょっと抵抗がある…という家庭が多いかも。

お子さんが大きかったり、休みの日ぐらい旦那さんにもして欲しい!という奥様は多いはず!家族と相談して購入を心みるのもありです!

 

キッチンシャワーへッド、お風呂のシャワーヘッド、おけ、食洗器は購入しなきゃいけないので、初めは出費になりますが、使い続けることで元が取れるし、節水できるので、長期的な目で考えましょう

 

洗濯

毎日する洗濯。家族が多かったり、新生児がいると1日に2,3回回す!という家庭もあります。

天気が良い日にはシーツ・掛け布団カバー・毛布・ベッドマットも洗いたくなります!

 

4人以上の家族であれば、4,5回回すという家庭も…

お風呂の湯舟の次に水量を多く使う洗濯。洗濯に関する節水方法は3つあります。

 

お風呂の残り湯を使う

これは、お風呂に関する節水方法でもお伝えしたことです。

私は「洗い」の時のみ残り湯を使っています。

 

まとめて1度に洗う

2人暮らしの場合なら毎日しなくてもいいかなと私は思います。

(3,4日に1回のぺースで回してしまた…)

1回の洗濯で使用する水の量は約70ℓ~100ℓです。

 

洗う服の量は、洗濯容量の80%を目安にしてください。

80%を超えると洗濯物がきれいにならず、少なければ無駄に水道料金がかかることになります。

 

すすぎを1回にする

家族が多いと必然的に1日に何回も回します。。

お風呂の残り湯を活用する以外にも、洗濯機の設定で「すすぎ」が2回になっているなら1回にすると節水できます。

「すすぎ」を1回にしたからといって全然汚れがとれてない!ということはないです。

 

お子さんのクラブや部活がサッカー・野球など外の場合は?

学校の水道で1度洗ってきてもらいましょう!

教育のひとつです!

 

これで「すすぎ」1回で大丈夫ですし、洗濯をする側も精神的にラクです。

 

洗面所

水道料金を節約する場面5つ目は洗面所です。これで最後です。

水を流しっぱなしにしない!

これにつきます。

洗顔や歯磨きは毎日していますよね。

外出から帰って来た時、手洗い・うがいをすることも。

 

1分間水を出しっぱなしにすると、12ℓの水を使用することになります。

歯磨きの際に3分間水を流しっぱなしにすると、12ℓ×3分=36ℓも使うことになります。

歯磨きやうがいの時コップを使うことで、流しっぱなしにする時間を少しでも減らすようにしましょう!

 

スポンサーリンク

水道料金の平均まとめ

家族人数別の平均水道料金・使用水量は以下です。

人数 水道料金 使用水量
2人暮らし 4,160円 16.2㎥
3人家族 5,371円 20.8㎥
4人家族 6,044円 25.1㎥

1人暮らしの平均水道料金・使用水量は1,938円・8.0㎥。

倍の数値が平均になっているのが2人暮らし。

2⇒3、3⇒4家族の使用水量の上がり方は約4㎥で、人数が増えるごとに倍になるわけではないです。

 

水道料金が高い原因
  1. 地域によって料金が違う
  2. 下水道料金の有無
  3. 設備の違い
  4. 人口の違い
  5. 漏水している可能性がある
  6. 外に蛇口がある家庭

水道は地方自治体が管理しています。1~4が原因である場合、どうしようもありません。

引っ越しするわけにもいかないですからね。

ただ5、6は自分でチェックすることで改善可能なので、まずはこの2つを確認しましょう!

 

そして他の家庭より節水できているかどうか?は、使用水量の平均を基準に確認しましょう。

平均より多いようであれば、節水を意識しましょう。

 

節水方法
  • トイレ
    レバーを使い分ける
    続けて流すことを避ける
  • お風呂
    残り湯を活用する
    シャワーヘッドを変える
  • キッチン
    おけに水をためてお皿を洗う
    シャワーヘッドを変える
    食洗器を買う
  • 洗濯
    お風呂の残り湯を使う
    まとめて1度に洗う
    すすぎを1回にする
  • 洗面所
    歯磨き・洗顔・手洗い・うがいの時、なるべく流しっぱなしにしない

 

  • お風呂の際のシャワー
  • お皿洗い
  • 歯磨き・洗顔・手洗い・うがい

この3つはなるべく流しっぱなしにしないことが重要です!

 

節水は家計の助けにもなりますが、地球環境問題においても大事なことです。

「水を使う」ということは無限ではありませんからね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ベルこ

3歳の1人娘を持つ専業主婦です。 隙間時間でネットでお小遣い稼ぎと節約術をリサーチしながら娘と楽しく過ごしています。 ケンカもしますが… 目標は節約したりポイントを貯めて全国の観光名所巡りです(*´▽`*)